人は周囲からの影響をすごく受ける②

 

前回、我々人間は、社会性のある動物のために、安全・安全を確保するため、

 

愛してもらうために、巧妙に自分自身を変化させているというお話しでした。

 

今回は私の前職である医療機器業界の事例についてです。

 

確かに、個人は共同体(家族・学校・会社・地域・都道府県・日本など)に属していますから、

 

その共同体に属すると、その共同体を治めている暗黙ルールに従わされます。

 

もし、破ったりすると実際に物理的な罰則や“罪悪感”を感じさせられて、無意識だけど、ほぼ強制的に従わされます。


ですから、その共同体構成メンバーは、共通したものを見出すことが出来て、

 

学校なら校風、会社なら社風、都道府県なら県民性なんて呼ばれるんだと思います。

私が以前に勤めていた会社・部署は、国産医療機器メーカーで、

 

輸入部門(アメリカ・ドイツなど世界最先端の医療技術を持った機器を輸入)

 

にいて、科目でいうと”循環器内科:不整脈“を担当していました。


この分野は、超巨大外資専業メーカーが莫大な資本を

 

元に日本市場参入している様子を肌感覚で感じていました。

 

その豊富な資金力で、相場の約2倍の年収を提示して人材を集めます。


”高額な報酬“というエネルギーに引き寄せられる人達ですから、国産医療機器メーカーにいる私達とは全く発想が違っていました。

 

外資系メーカー従業員の方々は、”必ずいつか解雇される“”勢いがいい時だけいて、

 

次に勢いがよいメーカーがあれば、乗り換える“”高額報酬以外では、

 

愛社精神はほぼ皆無“と思っていて、その時期に話題性があり、優れた医療機器を製作して

 

人員を募集しているメーカーに次から次へと転職を繰り返す人達が多くいました。

その後、日本市場においての目標売上金額が膨大になりすぎ、

 

各営業員に振り分けられるノルマも膨大になり、最終的には当初いたメンバーは

 

誰一人としていなくなる。というストーリーを単純に繰り返すことを24年間、何度も何度も目撃してきました。

 

私が所属していた国産医療機器メーカーの暗黙ルール;

集合意識として、
”社員は会社の財産“

”終身雇用“

”報酬は月並み“

”退職する際は、すごく引き留められる“

”一旦、退職すると再雇用は難しい“

 

に比較すると、超巨大外資専業メーカーの集合意識として、


”社員は使い捨て“

”雇用は好機のみ“

”成功報酬は膨大“

”いつの間にか退職している“

”何度でも出戻りOK

 

とはあまりにも違い過ぎて異質なものに感じましたが、

 

各企業を支配する暗黙ルール;集合意識を理解するにはとても良い材料であったと思います。

 

人間は様々な共同体(家族・会社・学校・地域・都道府県・日本など)に属しており、

 

その集合意識に影響を受けていて、そのことに全く気付いていないと感じます。

 

そして、自分自身の安心安全欲求から、その共同体に接した時、

 

ほぼ自動的に集合意識に適合するように、

 

自分自身を変化させているがそれにも気が付いていないというのが人間の本当の姿だと思います。