GW終わりましたね

 

どうも、皆さん、こんにちは。Kokoro-works-learning 福井  久です。

 

GW終わってしまいましたね。

 

いかがお過ごしでしたか?昨日はGW明けの初日でしたから、

 

“仕事にいくの、気が向かない”“もう一日、休みたいな”とか


逆に“やっと、働くことが出来る”“身体鈍っていたから、通常に戻ってよかった”など思って、

 

昨日、1日を過ごされていたかもしれません。

私はGW、とあるところに籠って、9日間通して、

 

“徹底した人間理解を現場レベルに繋げて、如何に活躍できるか!?”の

 

学びをしていました。


今年で4年目になります。

 

昨日は、9日間集中講義が一昨日終了したので、ゆっくり時間を取って家で

 

リラックスしていたのですが、サラリーマン時代を思い出しつつ書いてみました。

前職のサラリーマン時代、連休後の初出勤日は、

 

“身体が重たくて”
“気分が上がらなくて”

 

などお休みにすることがありました。


その時、自分の中で起きていた葛藤は、

 

 

“休むと情けない奴、弱い奴だと思われてしまう”

“指導する立場であるので、威厳が保てない”

という思いと、“私の仕事、誰でもできるから・・・・”


“私一人いなくても、仕事は回るから・・・“”

誰でもいいから、引き継いでよ”


っていう思いが葛藤を起こしていたんだと思います。

 

“会社”という共同体に身を置いて、決められている方向性


(ざっくり言うと売上・利益をあげ、社会に貢献する)にすすむ時、


必ずその共同体構成人員をコントロールするために、ルールが必要です。

一つは明文化されている、“企業理念”に基づいた崇高なものと

もう一つは“暗黙の了解”で、

 

“粉骨砕身、猪突猛進に働け”

 

“出世したければ、上司には絶対服従”“信頼を得たければ、他人からの依頼は断らない”

“常に任された分野で、第一線でいろ”

 

など、


特にこれらの暗黙ルールに従わない場合は

 

恐怖感と罪悪感を感じさせられて、暗黙のルールに従属させられる力が働いていました。

 

 この“恐怖感・罪悪感”からの行動によって、

 

私の行動はシャカリキに駆り立てられていたと思います。

 

今、思っても過剰だったと思います。


でも、少なからず、私以外にも同じような

 

感覚を感じられていた方々はいたと感じています。

 

いつの間にか、その共同体で安心安全、他者からの承認を

 

得るために、無意識的に、


自分自身の行動を制限していて、

 

その状態に全く気付かず、“その行動を制限された


偽りの自分”を自分自身だと信じ込んでいました


そして、その先はプロフィールにお示しした通りです。

 

この原理は、会社だけでなく、

 

家族(素直な子供でないといけない、しっかりした子供で親に手間を取らせたら
いけない、甘えてはいけない、親を喜ばせる子供でなければならない)

 

や学校(周りの人から優秀だと言われなければならない、

 

重要な存在だと認められなければならない)などでもよく機能していると思います。

 

 

安心安全、他者からの承認を得るために、本当のあなたを偽って、

 

自分以外の周囲の人々に気に入られるようにしていませんか?もうそろそろ限界ですかね!?

 

 ココロあたりがある方は、是非、お気軽にご相談くださいね。お待ちしています。