私、自信(自身)がないんです

 

どーも、みなさん、こんにちは。Kokoro-works-learning 福井  久です。

 

今日は全国的に寒いみたいですね。4月は平均最高/最低気温ともに平年を

 

上回っていただけに、急激な温度変化は、体調に影響しますね。


くれぐれも皆さんご自愛くださいね。

 

 今日のお話は“私、自信(自身)がないんです”をテーマにしたいと思います。


ココロの世界では、"自己肯定感"とか"自己重要感"とかで表現されるものです。

 

具体的に、日常生活で困っているシーンですと、

 

“会社で大きなプロジェクトのリーダーに任命されたのですが、

うまく出来るか不安”

 

“重要顧客に対するプレゼンテーションを依頼されたけど、自信がない”

 

“忙しくしていないと不安だ”

 

“一生懸命頑張っていないとザワザワして、心配になってくる”

 

“人の役に立っている実感がないと罪悪感が湧いてくる”

 

など、他にもまだまだあると思います。

 

“頑張って、他人の役に立っている自分を受容することは出来るが、

 

そうではない自分は


認められない”“また、他人の役に立つために、

 

自分自身を失くして、ひたすら役立つ自分を

 

無意識的に演じ続ける、そして演じることが止められない”

 

なんて、こんなルールをご自身に課している方々(無意識的に)が多くお見掛けします。

 

 過去の私がそうであったので、凄くよく理解できます。

 

人間は本当に簡単に自ら創り上げた実態のないイメージ

 

:妄想に支配されてしまいますよね。

 

人間の行動規範である、快・不快の法則からすれば、

 

当然の危険(周囲の人々から承認されない、攻撃されるという妄想)

 

回避行動なのですが、そのイメージ:妄想による行動制限が

 

極まってくると精神的にも、身体的にもバランスを崩すと思われます。

例えば、“自分は劣っている”“自分は自信がない”この妄想は、

 

幼い頃の養育環境が悪くなかった(虐待なく、DVなく、ネグレクトなし)にも

 

関わらず、妄想として持っている日本人は多いと感じます。

 

“優れている自分・有能な自分・自信たっぷりの自分でなければ、

 

不安で怖くて仕方がない”という妄想から恐怖を作り出して、個人を駆り立てて、

 

継続的に熾烈な努力を強い続けられるように仕向けられる。結果として、

 

確かに計画達成・成功・周囲からの評価・賞賛を得ることが


できるが、その妄想は留まることを知らずさらなる高みに

 

挑戦するように仕向けられていく。“まだまだ、もっと、もっと”“努力がたりない”など

 

妄想を抱かされ、心身ともに消耗し尽すまで努力させられ、気が付けばうつ病・

 

過労死に追い込まれている事例も最近よく目にするようになりました。

 

 右上グラフは日本政府;内閣府日本を含めた

 

7カ国の満1329歳の若者を対象とした意識調査の結果です。


非常に興味深いのは、日本だけが諸外国と比較して極端に低いということです。

 

一説によると、“日本は敗戦国だから”という人もいます。

 

確かに、その影響はあると実感はあります。


しかし、2回も戦争に負けたドイツの方が“自己肯定感”が高いし、

 

また、一説によると、


“日本は受験戦争が壮絶だからだ”と言われますが、

 

日本より中・高・大学受験で人生の大半が決まってしまうといわれ、

 

日本よりも自殺率が高いと評されている韓国の方が


“自己肯定感”が高いという事実に驚かされます。


また、“私は幸せではない”という妄想も日本人を多くが持っていると思われます。

 

左図も出典は上図と同じ意識調査ですが、40歳になった時に、幸せであると

 

答えた日本人は66.2%であり、これも諸外国と比較して明らかに低い結果となっています。

 

今の日本、物質的にはとても豊かになってきていると感じますが、

 

精神的に、自分自身に自信があり(受容することができて)、

 

豊かで、幸せだと感じている日本人が本当に少ないことに驚かされます。

 

私は心理療法を通して、これら妄想から目覚めて頂くお手伝いをしています。

 

心当たりのある方は、一度、ご相談くださいね!