ビールテレビCM アルコール依存の観点から

 

どうも、みなさん、こんにちは。Kokoro-works-learning 福井  久です。

 

 5月も既に中旬をむかえて、日中の気温もうなぎ登りに・・・・長袖シャツだと汗がにじんできます。

 

だんだんと日中暑くなってくると、目につき始めるのが、ビールのテレビCM


(ちなみに私は一切アルコールを飲めません。過去に痛い体験をしたとかはなく、

只々、純粋にアルコールを美味しいと感じたことがないだけです。)

 

ビール大手5社は、2017年のビール類(ビール、発泡酒、第三のビール)の

 

出荷量は、前年比2.6%減の4407万ケース

(1ケース=大瓶20本換算)となり、

 

13年連続で過去最低を更新した、と発表しました。


報道やビジネス番組で取り上げられるビール業界、

 

年々消費量を減少する中、課税が低い第三のビールを

 

開発して、価格を抑えたとしてビール類販売推移は、

 

右肩下がりで歯止めが効かない状態になっているようです。

 

 

そんな状況下で、一昨年のビールTVCMと今年のビールTVCM、決定的に変わったところがあるんですよ。皆さん、気が付かれましたか?・・・・

 

そうです!出演俳優さんはビールを飲んでる時に出る


①“ゴクゴク・・・ゴクゴク”音が無くなっているんですよ

 

それに飲んでいる最中の喉のアップ画像もなくなっているんです

これ以外にも、


出演エキストラも含めて、すべて出演者は25歳以上で、


アニメキャラクターの使用禁止


が日本酒造組合中央会、ビール酒造組合など

 

業界9団体でつくる


「飲酒に関する連絡協議会」が昨年7月、

 

広告の自主基準を強化し、規制を設けたそうです。

 

全てはアルコール依存症の回復過程にある方のトリガーを引かないように、

 

または新たなアルコール依存症予備軍を作らないようにという


配慮だそうですが、ビール大手5社のマーケティング・広告・宣伝を

 

考えている方々にとっては、ビールの購買意欲を煽る効果音であったにも関わらず、


結果、裏目に出てしまった感じですね。

 

でも、日本は諸外国と比較して、アルコール販売はまだまだ寛容だと思います。コンビニ、24時間スーパーに行けば、購入できますからね。

 

 

しかし、これら一連のテレビという媒体を通じて行われる“印象操作”が如何に人間に影響を及ぼすか

 

ということがご理解頂けたと思います。


そして、今現在も人間は外部から入ってくる刺激に、無意識的、全自動で反応させれていて、

 

意識的でである時間が少ないので、ココロの問題・課題を抱えてします傾向にあると思います。

 


ビールや缶チューハイのCMがテレビから消える日がくるかもしれません。ちなみに、

 

タバコは2004年の財務省の指針改定でテレビ・ラジオでの銘柄CM

 

全面禁止されたそうです。

 

 

 

参考)

 

欧米

 

・公共の場の飲酒禁止

・自動販売機での販売禁止

 

アメリカ

 

・小中学校から半径150m以内での販売自粛(自主規制)

・飲酒シーンのテレビCM自粛(自主規制)

 

英国

 

・視聴者の25%以上が18歳未満のメディアでの広告自粛(自主規制)

 

フランス

 

・テレビ・映画館などでのCM禁止

 

スウェーデン

 

・蒸留酒・ワイン・度数が高いビールのテレビCM禁止