久々の満員電車に乗ってみて

 

どうも、みなさん、こんにちは。ココロWorks learning 福井 久です。

会社を退職してからは、朝夕のいわゆる通勤・帰宅ラッシュといわれる

 

状態に巻き込まれることが極端に少なくなりました。

 

私が新卒で配属された営業所が中目黒にあり、新人寮は

 

埼玉:航空公園にありましたから、

 

通勤は航空公園⇔高田馬場⇔渋谷⇔中目黒でした。


当時、20数年前、は大江戸線、副都心線がない時代で、新聞の統計分析などでは、

 

745845の池袋-渋谷間の山手線は、日本でもっとも混雑率が高く200230%:

 

“電車が揺れる度にからだが斜めになって身動きができず、


手も動かせない。”状態でした。

 

実体験から言うと、“次から次へと人が乗ってきて、もう人が入るスペースがないのに、またさらに乗ってくる”。

 

一旦、降りる人のために降りるとその後乗れなかったり、本当にいろいろな体験をさせて頂きました。

 

その時、私はどう思っていたかというと、最初のうちはそれまでに経験したことがない

 

混雑ぶりで、驚きが大きかったと思います

 

“嫌だ”“辛い”“苦しい、しんどい”とは一切思わず、“これが当然、当たり前”だと思っていました

そしてだんだんと満員電車に乗ると、“嬉しい”“わくわくした感じ”に感覚が変わっていきました。

 

 

毎朝、車窓から見える西新宿の高層ビル群をはじめとしたいわゆる大都会都心の風景、

 

渋谷から東急東横線に乗り換えて、代官山、中目黒と高級住宅地である

 

城南地区を通過していく風景は、私にとって“出来るビジネスマンの証”であったのです。 

 

 

上京前にテレビで見ていたドラマのあるシーンで出てくる風景の全てがあった、

 

その舞台の中で、自分は仕事をしている、そんなイメージを十分に感じて


恍惚な状態であったと思います。当時、書店に行っても、

 

自己啓発本・ビジネス書コーナーにずっといて、最新刊に囲まれているだけで


“出来るビジネスマン”の仲間入りで出来た気分
で、クラスが上がったグレイドアップ感が確実にありました。

そして25年経過した今、またに出くわす朝夕の通勤・帰宅ラッシュは、“とても嫌です”

 

乗っていると、“とても息苦しい感じ”“閉塞感、閉じ込められる感じ”がして、圧迫感があって、

 

苦しいし、とても嫌です。本当に自分はこんな電車に乗って通勤していたのか、って

 

不思議に思うぐらいです。


先日は、相当、意を決して乗った感じだったので、

 

心拍数が速くなったり、呼吸が浅くなっていることが自覚でき、耐えがたいストレスになっていることに


気が付けました。

でも、これらの体験した事実から、私は考えるに、


人間は能力が高いが故に、“何にでも成れる”ということです。


優秀で、能力があるビジネスマンであると周囲から認められたいから、

 

朝夕の通勤・帰宅ラッシュの“嫌だ”という感覚を麻痺させることができる

 

自分に“成ること”ができたし、残業過多になって、

 

疲労困憊しているにも関わらず、“しんどい”感覚を麻痺させる自分に“成ること”ができ、


その状態を継続させること出来ました。 

 

本当は無条件に“甘えたい”“依存したい”“愛情を一杯欲しい”“自分にご褒美をあげたい”にも関わらず、

 

その感覚を麻痺させて、周囲が喜ぶ条件である、期待通りの“よくできる子供”


“気が利く子供”“我慢強い子供”“従順に従う子供”などに“成ること”ができるんです。

 

そして、最終的に、その“成った”ということを無意識の彼方に忘れ去り、

 

その周囲から喜ばれる、演じている状態の自分を素の自分自身であると勘違いまで起こすことが出来るんです

 

 

誕生から今までに、数多くの人に出会い、数多くの共同体(家族・地域・学校・クラス・都道府県など)に

 

属することで、数多くの“周囲に喜ばれる自分”を作ってきたんじゃないですか?なんてったって、

 

人間は能力が高く、“何にでも成れ”ますからね。

 

 

本当のありのままのあなたと周囲に喜ばれるために作ってきたあなた、識別できますか?

 

あなたは今後、どっちのあなたで人生をおくっていきたいですか?