夏越の大祓

どうも、皆さん、こんにちは。ココロ・ワークス・ラーニング 福井 久です。


ふと、梅雨の中休みかな!?って思っていたら、実は梅雨明けでしたね。

 

日中は急激に気温が上昇しますので、
くれぐれも水分補給をお忘れなく。熱中症には十分に気を付けて!

 


本日、予定されていたセッションが諸事情により延期になってしまいました。

 

さて、“今日は何をしようかな!?”って思っていたら、

 

友達から630日(土)に“夏越の大祓”という神事の存在を教えてもらっていたことを思い出しました。

 

“神社境内に直径2から3メートルの茅の輪が飾られます。

 

そこをくぐることによって災厄を逃れることができると信じられています

 

災いや穢れを払う儀式で半年に一度

630日と1231日に行われます。“

 

 

東京エリアで調べると初詣参拝者数Top5

 

名前を連ねるような

有名な神社ばかりでしたが、

 

私自身が今では個人事業主ですから、


ここは混雑を覚悟して

 

商売繁盛の神様;神田明神にお参りすることにしました。


私が到着したのはまだ午前中であったので、

 

比較的空いていましたが炎天下の中、多くの方々が参列されていました。

 

そして、私が40歳前半で経験した“厄年”の時とどのように心境が


違っているか、当時を思い出してみると、

 

当時は原因不明の体調不良なので、
はやく完治したい、はやくベストコンディションに戻りたい、

 

仕事の遅れを取り戻したいなど(詳細はプロフィール)、

 

だけを考えていて、

 

そのためならお金に糸目をつけない状態であったと思います。


いろいろな厄払い神社にお参りして、厄払い、お護摩をして頂きましたし、

 

スピリチュアルな講座にも通っていました。

 

その時、私は降り掛かる“厄”をすごい悪者扱いをしていたと思います。

 

ですが、今から思えば、この苦しく、全く自分らしくいられず、

 

終始、イライラ、戦闘態勢、よく眠れず、何かに操られている

 

感じを経験したことで、真剣に自分の人生本当に

 

こんな生き方でいいのか、問い直すことが出来て、

 

魂のミッションに近いところまでたどり着けたと思います。

 

 今はその魂のミッションに基づいて、自分の人生の大切な時間を送っています。

すべての人々に降り掛かる

災難・課題・問題・危機・大病などいわゆる“厄”

と呼ばれるものは、

決してあなたにとって悪者ではありません。

もちろん、遭遇した際、

 

今までと同じように、“厄”を悪者扱いしてしまうと、

 

快・不快の法則に乗っ取られて、回避行動を起こし、

 

また時間・場所・場面・登場人物を変えて、

 

 

同じ感情を味わうための問題・課題が


用意されることでしょう。

 

そして、その降り掛かった問題・課題に、心から感謝出来た時、

 

その課題・問題は既に問題・課題ではなくなっています


ポイントは問題・課題が降り掛かった来た際、

 

ご自身が意識的か、


それとも外部刺激に対して、無意識的に全自動で

 

反応してしまっているか、この際に気付けるかどうかです。

 

私は心理療法家として、みなさんが意識的に

 

ご自身の人生を生きることを私のミッションとしてお手伝いをしています。

 

ご相談はお気軽にどうぞ!