歯医者で・・・大汗タラタラ

どうも、みなさん、こんにちは。ココロワークスラーニング 福井  久です。

 

西日本エリアでは、強烈な激雨で被害も出ていますね。

 

一人ですべてやろうと思わず、周りの人達に頼ってください。

そして、2次災害には、くれぐれもお気をつけくださいね。

今日は3か月に一回、定期的に歯の健康度合いを

チェックするために、歯医者に。


というのも、ちょうど1ヶ月前ほどから左下の

 

奥歯3本が冷たい飲み物を飲んだ時や
熱い食べ物を食べた時だけ

 

“ズッッキー”と痛むので、

その痛みの原因を認識して、
治療してもらうためにもいってきました。

私の左下奥歯はタダの問題のある歯ではないんです。


俗にいう“噛みしめ”“食いしばり”が酷くて、

 

3年ほど前には顎関節痛になったことがあり、
その際、奥歯2本が縦に割れていて、

口に物を含むたびに激痛でした。


幸運にも神経までは害されていなかったので、

神経抜去はされなかったですが・・・・・、


土台の歯茎から大修復されて、割れた歯は抜去されて、

 

その代わりにジルコニア(物凄くかたい物質)で代わりの部分入れ歯
作ってもらったんです。

そして今日、痛みがある旨、先生に伝えて患部をみてもらうと

先生;“あっ~れ~、ジルコニアの歯、縦に割れていますよ。”

 

私;“本当ですか!?”

 

先生;“私が歯科医師になってから、実例見たのは2度目なんです。それぐらい、珍しいですね
     ジルコニアは相当強い力がかからないと割れませんからね。”

 

私;“・・・・・・・・・・“

 

先生;“まだ保証期間内ですから、新しいものを作成して交換しましょう!”

 

私;“心の中で(マジか!?)”

 

ということになった訳です。


早速、新たなジルコニアの歯のための型取りとひびが入ってしまっているジルコニアの歯の撤去が始まりました。

 

先生;“まだ神経が残っている歯が前後にありますから、麻酔を打ちますね。”

 

私;心の中で(そんな大惨事になってしまっているのか!?ただでさえ、

          麻酔が効きにくい体質なのに、痛いことされるのかな?

 

私;心の中で(また“ズッッキー”と痛むのかなぁ、麻酔2本打つのは相当に痛いのかなぁ、

          たしか、以前に神経抜去した時、限度量まで使ったけど、

          めちゃくちゃ痛かったよな。不意に、“ズッッキー”と痛むのかなぁ。

 

私;心の中で(あれ、だんだん心拍数が上がってるドキドキしてる

          呼吸も凄く浅くなって回数も多くなってる

 

先生;じゃあ、ジルコニアの歯、取り外すために削っていきますね。

 

力を抜いて、リラックスしていてください。

 

私;はい。心の中で(そんな、リラックスなんて無理や!やっぱり、削るのか、神経に響くと痛いなぁ

 

 

“ウィーーーーン”“キィーーーーーーン”、

 

 

 


毎度おなじみの全く無機質な機械音耳をつんざくモーター音


それと共に、治療室特有の殺菌アルコールの臭いが鼻に


付き始めていました。

 

私;心の中で(今、身体全体から大汗が噴き出している首筋とか、
        汗でべちゃべちゃだな。めちゃ緊張してる。)

 

 

“ウィーーーーン”“キィーーーーーーン”“ゴリ~ン、ゴリ~ン、
ゴリ~ン”“カチカチ、
コンコン”

 


本当に無機質な物質と物質がぶつかり合う音だけが治療室に響いていました。

 

 

私;心の中で(まだ、とれないのかぁ。油断したら“ズッッキー”ってくるのかぁ

      “ズッッキー”ってめちゃめちゃ痛いよなぁ

 

先生;はい、取れましたよ。

 

私;あれっ、痛くなかった。・・・・・・・・・。

=====================

この一連の流れ、私が歯の神経に

 

触れられると激痛が起きるんじゃないか
(予期不安)って、必死に緊張して

 

心配していた様子は、
まさに私が相談受ける時に、

 

クライアント様が頭の中で
想像して、

自分を怖がらせている状態と同じだなと思いました。

 

人が怖い、集団に属するのが苦手なクライアント様が


人に会うと、クライアント様は心の中で


(今日は機嫌が悪そうだぞ。何かイライラしている。
きっと、私が怒られる。絶対、誹謗中傷される。暴言を吐かれる)


(きっと仲間外れになる。みんなから意地悪される。暴言を吐かれる。嫌がらせされる)

 

などと考え、
イメージして、自分自身を怖がらせている状態、全く同じだと思います。

 

過去の記憶を呼び起こすもの、今回の私の場合では、“麻酔2本打ちますね”ということ言葉、


“ウィーーーーン”“キィーーーーーーン”、毎度おなじみの全く無機質な機械音、

 

治療室特有の殺菌アルコール臭が、過去、神経抜去した時の記憶を呼び起こして、

 

身体中の筋肉を緊張させ、心拍数を上げて、呼吸を浅くして、


大汗をかかせるという身体反応を作り出しました。

 

クライアント様にも、過去の記憶を呼び起こすもの

 

いつも両親が機嫌が悪そうなのを見ると
身体が委縮していた、両親が大きな声を出して

 

喧嘩しているのが怖かった、

両親どちらかの目が合うと睨まれた感じがした、

 

酔っ払っている父親/母親をみるのが
怖かった、両親からの威圧的な言葉を

 

聞くのが嫌だったなど
過去の記憶を呼び起こして、

 

その時に感じた(と勘違いしてる記憶)イメージ(暗い/寒冷色な背景)と

 

音(罵倒された、暴言吐かれた、無視された)の記憶で、今、現在の身体に


“震え”“過呼吸状態”“発汗”“筋肉の萎縮”“心拍数/血圧上昇”を作り出す。

これはその直接的な現象を見て、感じて、恐怖を感じているように見えますが、


実は潜在意識の中にある記憶(イメージ・音)を呼び起こして恐怖反応を


作り出していて、直接的現象は一切、見ていないということが特徴的です。

ここに恐怖を感じる時の本質の一部があると考えます。


“過去の記憶/体験/経験を未来に貼り付けて、今、現在、恐怖を感じる”

 

そして、早合点しないで欲しいのは、“恐怖を感じることは決して悪い事ではない”ということです。


今まで、恐怖を感じることで、あなたを守ってきてくれたわけですからね。

 

ただ、過剰に恐怖を感じてしまうことで、日常生活に支障を来すようでしたら、是非、一度、私に相談してみてください。