一般常識とは、正義とは・・・

連日、酷暑が続く中、私として珍しく連続2日間路線バスに乗る経験をしました。


サラリーマン時代、東京都内であれば鉄道網が発達しているので、

 

路線バスに乗ったという記憶はあまりありませんでしたが、“使いこなせる”と確かに便利です。

 

その2日間連続で路線バスに乗った時の経験で考えさせられることが

 

ありましたのでシェアさせて頂きます。

1日目

 

そのバス路線は人気路線のようで、長蛇の列でした。

 

おそらく30名以上はバス停に並んで待っていたと思います。

 

やはり、炎天下の中、ジリジリと強い日差しによって、

肌が焼けるような感覚がありました。

 

そして、やっと我々が乗車するバスがやってきたのですが(始発)、

 

バス停の少し手前で停車して出発時刻が来るまで

 

扉を開けることなく、アイドリングをしながら出発時刻まで誰も乗せずに停車していました。

 

そして、規定時刻が来たので扉が開いて、灼熱炎天下で待ち続けていた人達がなだれ込むように、

 

クーラーの効いた室内に涼を求めていました。

 

そして、とある乗客と運転手のやり取りが気になったんです。

 

乗客「みんな暑い中、我慢して待っているんだから、あと5分早く扉を開けろよ。」

 

運転手「・・・・・・・・・・」

 

乗客「こんな暑い中、待たされたら熱中症になっちゃうぜ!常識を考えろ!」

 

運転手「・・・・・・・・・・」

 

この乗客は、よっぽど暑い中待たされたこと、そして直近に来ているのに、出発時刻まで

 

さらに待たされたことに大変ご立腹の様子でした。

 

2日目

 

この日も始発バス停から乗車。

乗客が乗り込んで、出発時刻まで停車していました。

 

その際、なんとこのバスはアイドリングすることなくクーラーをつけることなく

出発時刻まで停車していました。

 

乗客の中で、特に運転手に抗議する人も現れず、照り付ける灼熱炎天下、

 

バスの中はサウナ状態で、座ってじっとしているだけなのに

 

大汗が噴き出てくるような状態でした。

 

私はこの両日の体験をさせて頂き、何かメッセージをもらっているように感じました。

 

“正しいのは、どっち?” 

 

1日目のとある乗客の主張からすれば、

 

“お客さんのことを考えて、出来るサービス行うべき”

 

“乗客みんな炎天下待っているんだから、早めに扉を

開けて涼しい室内を乗客に開放すべきだ”

 

などあったでしょうし、バス運転手の主張からすれば、

 

“社内規定の顧客サービスのルールに従っただけ”

“私だけ社内規定から逸脱したことはできない”

 

また2日目の乗客側の主張は私を含めて、

 

“炎天下待っていたのだから、バス室内は涼しくしておいて、それぐらい常識でしょ!”、

 

またバス運転手側からすれば、

 

“排気ガス規制からアイドリング禁止だから・・・”

 

“エンジンかけずに、クーラーだけ作動させたらバッテリーがあがってしまう、 

だから、エンジンをかけない限り、クーラーを作動させることは出来ない”

 

などお互いに、

 

それぞれが正当性を主張する論理があり、それぞれに“正義”であったと思います。

 

顧客サービス/おもてなしの観点からと社内規定ルールの観点からです。

 

お互いご自身の正当性・正義を主張したとしても、合意することはおろか、

 

妥協点さえも見出すことができない状況を、私が経験させて頂いて、

 

“正しいのは、どっち?”

 

という問いから考えさせられる事は、“正義・一般常識って何?”っていうことでした。

 

人間がある共同体(家族・市区町村内会・都道府県・日本・アジア・世界など)に属すると、

 

その共同体にメンバーとして守らなければならない“会則”があると思います。

 

その会則は明文化されて、遵守を促されているものがあれば、まったく明文化されておらず、暗黙の会則もあります。

 

どちらも、破るもしくは破ろうとすると、罪悪感(恐怖)を持たされて、遵守されるように仕向けられてしまいます。

 

この状態(会則を守る)が長期間に渡ると、最初は意識的に守っていた会則が、

 

いつの間にかほぼ強制的に、無意識的に守らされているようになってしまっていて、

 

ご自身はその状態に一切気付かないことが発生するわけです。

 

その会則は、

 

“決まり”

“約束事”

“ルール”

“校則”

“社則”

“条例”

“法律“

”憲法”

 

などと呼ばれて、金科玉条として、

 

 

人間はそれに従うことで、その共同体に属する限り、

あなたを絶対安全へと導いてくれる錯覚に陥ることが出来ます。

 

でも、これら“金科玉条”は所属メンバーの過半数の人達の(固定)観念であり、

 

絶対的は事実・正義ではないということがご理解頂けると思います。


絶対的真理なんて存在しないんですね。