戦力外通告 清原和博さんの本“告白”より

先日、元プロ野球選手 清原和博さんが執筆された“告白”という本が上梓されました。

野球では4番打者というのは、そのチームを代表する強打者・長距離バッターであることは
当然で、チーム全員からも、またファン・応援団からも期待されて、

その期待に十分に応えるだけチャンスの時に結果を残す、期待に応えて得点源になる、
からこそ、周囲の人達(チーム全員・ファン・応援団)から、“役割を果たしている”と
みなされることで、チームの一員として承認されます。


 

ところが、期待に応えることが出来ないことが続いたり、
チャンスに不甲斐ないと、周囲の人達から凄く期待されていた分、

それは“怒り”に変わり、容赦ない誹謗中傷・罵詈雑言に変貌していく様は、
プロスポーツだけではなく、我々の日常生活でも近似経験・体験が散見されるものだと思われます。

 

             (PL学園時代)                  (西武ライオンズ時代)  

清原さんのお話しに戻しますが、ドラフト会議では憧れの巨人から1位指名を受けず、
西武ライオンズに入団しましたが、プレーをした

11年間でチーム優勝8回、日本一6回の輝かしい成績を残され、
FA(フリーエージェント)宣言
(原則8シーズン出場選手登録日数を満たした選手にいずれの球団とも選手契約を締結できる権利を与えること)

を行使して、遂に憧れの巨人に入団。

 

ところが、移籍1年目は巨人を優勝させるためにきたのに、“ズタボロ”状態で、
特にチャンスに打つことが出来ず、チームも4位で不甲斐ない成績で終わってしまい、


この不甲斐ない状態にファン・応援団は、選手移動用バスの窓ガラスやボンネットを叩くし、
火のついたタバコをフロントガラスに投げつけられたそうです。

 

これらはまだ我慢出来たそうですが、
一番心理的に辛かったのが



“応援ボイコット”(打席に立った時に楽器・鳴り物・声援が全くない状態)であり、
その瞬間、“胸が苦しい”“息が止まった”大ショックであって、



さらに輪をかけて屈辱的/侮辱的だったのが、3番調子がいい松井選手を敬遠して、4番清原さんと
勝負する相手チームが出てきたことだったそうです。

 

 

そんな中でも、
“結果を出したい”
“期待に応えたい”
“誰にも打てない、どでかいホームランを打ちたい”



ともがき苦しんでいたそうです。

 

身体はボロボロになって、何度も怪我をするたびに
立ち上がり、そして今回も不屈の精神で克服しよう、と思った矢先、

 

複数年契約で契約が残り1年あるにも関わらず、
2005年途中に、古傷の左ひざ半月板を痛め、


出場選手登録を抹消された後、球団フロントにホテルに呼び出されて、

「来シーズンの君の居場所はない」
「もう来季、君と契約する気はない」

3分もかからず、“お疲れ様”の一言もなく戦力外通告をされてしまった。本当に寂しかったそうです。

 

 

我々、人間が所属している共同体
(家族・学校・会社・地域・チームなど)の中で、

最初は“自分らしさ”を最大限に表現するだけで、
周囲からの承認・賞賛が得られた。

自分自身なにも加工することなく、去勢を張ることなく、
自己表現するだけで、周囲に受け止められた。

 

しかし、加齢ともに基礎体力、集中力の低下し、
それに加えて、全身の古傷が疼き、周囲から期待度が

加速度的に増加していくと、あれだけ“出来ていたこと”が“出来なくなる”という現実を突きつけられる訳です。
つまり、増大した周囲の方々の期待に応えるために、

必死に努力して“受け入れられる状態”を保つ必要性が出てくるようになってしまいます。

 

“本当の自分・ありのままの自分”“周囲の方々に期待されている・必要とされている自分”
ズレがあることを認識し、そのズレを埋めるために、ありとあらゆる出来る限りの努力をしても、

そのズレが埋まらないと、とても苦しいし・辛いと感じると思いますが
戦力外通告を受けたくないので、さらに辛く、苦しい努力を重ねるしかないのです。

(私がサラリーマン時代、ワーカホリック・過労が続いた原因です。)

 

 

人格を作り上げてしまう程、周囲の方々からの承認・賞賛は快感であり、また、その逆は恐怖感(戦力外通告)でしかない。

 

感情という強烈なエネルギーによって、虚像が作り出され、翻弄された人生を生きている、
自分以外の何者かになろうとしている、それが我々人間なのかもしれませんね。