働き方改革と残業時間

2018629日に参院本議会で「働き方改革関連法案

(正式名称:働き方改革を推進するための関係法律の整備に関する法律案)
が可決・成立しました。

記憶に新しいところによると、201512月に大手広告代理店電通の

若手女性社員が過労死でこの世を去って早2.5年が経とうとしています。

この事件は、大手電通関連のニュースであったので、“電通”という会社の労働環境の実態が明らかにされて、

日本で働く“会社員”と呼ばれる人達に“働く”ということについて、様々な問題提起をしたと感じています。

 そしてまた、この事件以降も 世の中の流れとして、

“ワーク・ライフ・バランス(WLB)”という考え方が

社内に紹介されたり、“残業時間の削減”の命題と共に、

凄く厳しく残業時間を取り締まられたりしているにも関わらず、

過労による自殺と思われる事件がニュースで取り上げられます、

いまだに無くなることがありません。

 

なぜ、このような事が勃発するのか、心理学的考察を入れながら、私の経験と共に考えてみました。

 

私が新入社員(医療系営業職;詳細はプロフィール)であった頃、

平均退社時間が22002230頃でした。私と同期入社で、

違う営業所配属の人達は、退社時間が000を過ぎる時もあるという状況であって、

全体会議(東京都内を担当している営業所員が一堂に会する会議)に出席して

色々な方々と話をしてみて、“暗黙のルール”のようなものの存在があり、それに従わないと、

様々な側面から恐怖を感じさせられ、強制的に従わされることが認識できました。

 

  1. 上司より先に退社してはいけない

  2. 売り上げ、利益を確保しなければ、ゴミ以下の扱いを受ける

  3. どんなに忙しくても、どんなに疲れていても、上司の雑用は率先して手伝わないといけない

 

 

 

この3か条を見て頂いても、若手営業員時代には多くの負担が掛かっていました。

でも、私は“しんどいです”とか“無理です”とか“出来ません”とは言えなかったんです。

なぜなら、

“その営業組織の一員として認められたかった”
“使えない奴と見られたくなかった”

などが

思い当たります。

それでも、不意に“暗黙のルール”から逸脱するようなことが起きると、

項目②に挙げたように、ゴミ以下の扱いを受け、
恐怖心を誘発されて、強制的に従わされます。

この組織のベテラン社員達は、繁忙期になってくると、平日長時間勤務に加えて、
休日出勤が当たり前になってきます。

従って、家族サービスが出来なくなり、その結果、奥様との不仲になるそうですが、
その状況をとても嬉しそうに、自慢げに語っていたことが私にとっては印象的でした。

 

 このベテラン社員は

“俺、平日、長時間勤務だし、休日出勤だって厭わない。
売り上げ、利益だって一人前に上げて、会社に貢献しているんだから、賞賛、承認されるべき”

“一所懸命にやって、結果を出し続けている俺は優遇されるべき、承認されるべき、賞賛されるべき”

“売り上げ、利益を上げられない奴らは辞めるべき”

なんて思っていたと思います。

 

このベテラン社員達は、長年蓄積された売り上げを上げるための

方法論(一所懸命働く、長時間残業をして働く、休日出勤をして働く)を遵守してきて、

売り上げ/利益ノルマを達成して、会社から、周囲の人達から承認され、
評価され、賞賛されていたことと思われます。いわゆる“成功体験”をした訳です。


成功体験は、一見、ポジティブなように思いますが、

成功した瞬間、

脳内にドーパミン/アドレナリンなどが分泌されて、

強烈な快感に支配

されてしまいます。



そして、この快感は記憶と共に、記憶回路に格納されて、

同じもしくはそれ以上の快感を体験するために、

繰り返し同じ行動をさせるように仕向けられていきます。

もちろん、このメカニズムに乗っ取られているご本人は気が付きません。

そして、気付かないうちに、さらに成功体験をした際の行動を“成功するパターン”として繰り返し

“強化学習/強化行動”
をしていきます。

 

あるとき、時代を支配する流れが変化して、

今までに当たり前に必要とされていた

因子(一所懸命働く、長時間残業をして働く、休日出勤をして働く)が

最重要でなくなり、今まで全く注目されていなかった

因子(イノベーション、創造性、独創性など)に

注目が集まっても、

成功体験を一度でも味わってしまったことがあると、

頭で論理的に理解していても、

過去の成功体験を忘れること/捨て去ることが出来ず、過去とは

流れが変わっているにも関わらず、学習した成功パターンを成就するために、

なお一層、粉骨砕身、猪突猛進に努力し過ぎてしまうと状態が起きている、

これが表題にお示しした“働き方改革”を推進しづらくしている一因であると考えます。

 

 今回は営業組織が持っている

“集合意識”(暗黙のルール)とそれを破る際に感じさせられる“罪悪感”、そして、

“成功体験”をすることによって得られる“快感感情”の支配

それから逸脱する際の恐怖心から述べさせて頂きましたが、次回は個人を支配する、

“承認されたい”“重要な存在でいたい”“優秀な存在であると認知された”などの観点から続きを書きたいと思います。

 

今回はこの辺りで、最後までお読み頂いて、ありがとうございます。