中庸;真ん中にいること①

「論語」の中に出てくる言葉で中庸(ちゅうよう)という概念があります。

 

インターネットで詳細な意味を調べてみると、

極端な行き方をせず穏当なこと。片寄らず中正なこと。”とあります。

 

私の経験・体験を踏まえて、中庸でいることの大切さ、

難しさについて書いてみたいと思います。

 

 

プロフィールをご覧頂ければ、お解り頂けるように取り憑かれたように
働き、ワーカホリック(仕事中毒)であったと思います。

 

 

今でも、記憶にあるのは、週末は必ず池袋ジュンク堂書店のビジネス書売り場に足繁く通って、

 

“今週の新刊はどれか”

“今の流行りのトレンドはなにか”

“注目すべき起業家は”

 

などを確認しながら、その場にいること自体が快感であったと思います。

 

 

(多くのビジネス書に囲まれていると、まるで自分自身が優秀なビジネスマンになったように錯覚できたから)

 

 

 

また、この頃、有名起業家と呼ばれる方々の伝記本を沢山読んでいました。

 

ウォルマート;世界最大のスーパーマーケット:サム・ウォルトン

スターバックスコーヒー;ハワード・シュルツ

ダイエー;中内 功

日本マクドナルト;藤田 田

ケンタッキーフライドチキン;カーネルサンダース

ディズニーランド;ウォルト・ディズニー

 

など数え上げればきりがないほど、貪る様に本を読んでいました。

私がなぜにそこまで有名起業家に関心があったかというと、

 

有名起業家が考案する販売戦略・広告戦略・人事戦略など、

 

その当時にはなかった斬新な戦略とベンチャー企業なら

 

必ず訪れる倒産危機を最後の最後に乗り切っていく

 

アイデアに注目していました。

 

 

他にも、当時、

 

有名経営コンサルタント 

ピーター・ドラッカー

大前研一さん

堀紘一さん

 

 

 

一橋大学 起業戦略研究科教授 

 

竹内 弘高先生やそのチームから出版される本は全て目を通していました。

 

そして、その斬新な戦略と起死回生なアイデアを

 

“そのまま”当時の仕事環境に適応させようとしていましたし、

 

会議などで意見を求められる時には、私の意見は全て“それらのビジネス書の読んだ”記憶から回答していました。

 

 

全ては“優秀な人材である、と承認されたい”という欲望から来ていて、

 

私の心の深層には“私は学歴コンプレックスがあって、できない人間だ”ということを

 

周囲・同僚・上司・得意先などに知られたくなかったと思います。

 

 

ただ、この状況をよく観察して頂くとよくわかるのですが、どの場面でも“自分自身”というものがないんですよ。

 

そりゃそうですよね、本当の自分自身を曝け出してしまうと、

 

周囲・同僚・上司・得意先などに

 

“あいつは無能な奴だ”

“付き合う価値はない”

 

などと思われるのではないか、と自分自身の中、恐怖心で一杯だったから、

 

有名起業家、経営コンサルタントの思いついた斬新な戦略・起死回生なアイデアが自分を守る“鎧”として必要だった訳です。

 

“優秀であると見なされたい”という欲望は、本来の私ではない人格を創り出して、

 

自分の意思を持たない“物質社会の奴隷”になっていました。

 

そして、月日が過ぎてワーカホリック(仕事中毒)が

 

ますますひどくなって、原因不明の激痛に襲われていた

 

40歳を迎えた頃、私は霊性(スピリチュアリティ)に

取り憑かれていきました。

 

 

最初は厄年に関連した出来事からでした。

 

“この原因不明の激痛から逃れたい”

“あれほどうまくいっていた仕事・人間関係がうまくいかなくなった状況から逃れたい”

“大好きだった仕事に全く魅力を感じなくなった状況を逃れたい”、

 

その思いは、

 

私を高額な厄払いお護摩、

色々な神社・寺院のお守り数種類、

高額なスピリチュアルカウンセリング、

ヒーラー個人セッション数え切れず、

パワーストーン買い漁り、

呪い・呪文・魔法教室、

占い各種、

風水、タロットカード

 

などに導かれ、不安を払拭するために多額のお金を投資しました。

 

 

124時間の行動さえもペンジュラム(振り子)を使わなければ、

 

どの地域に行くのか、

なにを買いたいのか、

どのお店にいきたいのか、

今日は何をすべきか、

 

など決められない状態でした。

 

何かを選択して、裏目に出ると怖いので、自分の考えで選択できなかったんです

 

 

その不安は払拭することは出来ませんでした。

 

部屋の各所にパワーストーンを置いて、パワーストーンブレスレット、パワーストーンネックレスを付けて、

 

部屋で一人宇宙のエネルギーを感じていると錯覚している時が一番安心しました。

 

この状況を当時全くおかしいとは思っていなかったんです。

この霊性(スピリチュアリティ)の観念も、

 

当時、自分の周りは敵だらけで、みんな私の悪口を言っていて、

 

隙あれば裏切っていくという妄想を持っていた

 

自分を守る“鎧”として必要だった訳です。

 

この時も本来の私ではない人格を創り出して、

 

自分の意思を持たない“霊性の魔力の奴隷”になっていた訳です

 

 

 

 

この対照的な2つの状況、

 

物質社会の奴隷になって、ひたすら“優秀な人材”でありたいと

思っていた時期

 

霊性の奴隷になって、ひたすら“不安・恐怖から逃れたい”と思っていた時期

 

どちらも“私自身、ありのままの私”はではなく、どちらの時期もなにか乗っ取られた状態

 

苦し紛れに作り出した人格に同一化して、自分自身だと思い込んでいました。

 

今回はここまで、次回をお楽しみに!最後まで読んでくださって、ありがとうございます。