八王子ダルクフォーラム

昨日は八王子ダルクフォーラムに参加してきました。

 

 

まず、ご存知でない方のために、ダルク(DARCとは、

 

ドラッグ(DRUG=薬物)のD

アディクション(ADDICTION=嗜癖、病的依存)A

リハビリテーション(Rehabilitation=回復)のR

センター(CENTER=施設、建物)のCを組み合わせた

 

造語で、覚醒剤、有機溶剤(シンナー等)、市販薬、

 

その他の薬物から解放されるためのプログラムを持つ

 

民間の薬物依存症リハビリ施設のことで、

 

全国に約60の経営母体が約90施設の運営にあたっています。

 

そして、依存症関連の回復施設スタッフ

DARCを含んでその他施設)、家族会施設スタッフ関係者(NA、ナラノン)は、

 

原則、全員が元々当事者、もしくは当事者の近親者であった経験が必須条件です。

 

 

 

私は自分自身に降り掛かった、原因不明の激痛や自己肯定感が低く、

 

自身(自信)がない自分自身と向き合って、自分の内面に深く、深く気付いていくうちに

 

“依存症”に妙にひかれるようになっていきました

 

薬物・ギャンブル・アルコール依存の経験はありませんが、これら以外の

対象(物質的社会を生きていたので、権威・名声・地位・名誉・努力・才能など)に

 

依存していた実感はありますし、今でも何か依存対象を見つけ出そうとする自分がいると感じています。

 

 

 

そして、去年、一般社団法人Oneness Groupが運営している

 

アディクション・カウンセラーコースに通学して、

National Association of Drug and Alcohol Interventionists N.A.D.A.I認定 依存症専門カウンセラーの

 

資格を取得しました。唯一、当事者じゃなくても、取得できる資格です。

前置きが長くなりましたが、本題に戻すと

 

今回のフォーラムテーマが“つながり”であり、

 

今までに八王子ダルクを利用して、他人とのつながりを取り戻し、

 

自身を取り戻し、自信を取り戻した方々が

 

その生々しい体験を語って、今、現在、回復プログラムを

 

続けていらっしゃる方々を勇気づけて、

 

“つながり”を循環されていたのが印象的でした。また、会場、至る所では、

 

八王子ダルクを巣立っていったお互いに回復した方々同士が抱き合って、お互いを讃え合っていました。

 

東京多摩地区には、病院として国立精神・神経研究センターがあり、

 

公的機関として都立多摩総合精神保健福祉センター、東京保護観察所、東京拘置所があり、

 

それぞれの施設で薬物離脱プログラムが実施されているようです

 

元当事者からのお話がもっとも効果的であるということで、

 

八王子ダルクの職員(元当事者)が各施設に訪問して、現当事者にプログラムを行うだけでなく、

 

始まる前の雑談やプログラム終了後の懇親会で本音をぶつけ合って、

 

“心に寄り添う”こと (つながり)が紹介されていました。 

基調講演では、

 

国立精神・神経研究センター 

 

薬物依存研究部 松本 俊彦先生が

 

登壇されて、いくつか興味深いトピックが提示されていました。

 

の中で、“正の強化と負の強化”について、

 

シェアさせて頂きたいと思います。

 

一般的に、薬物汚染を食い止めるために、

 

警視庁のポスターなどでは、“薬物、ゼッタイだめ!”とか、

 

昔は“薬物やめますか、それとも人間やめますか”など

 

テレビCMを使って啓蒙活動されていたと思います。

 

そして、“それでも、なぜ薬物を止められないのか!?”という問いに対して、

 

一度でも使用すると、脳の中にある神経伝達物質の回路(シナプス)が強化されて、

 

快感回路(食欲や性欲が満たされた際に感じる“高揚感”の約1001000倍感じてしまい)が出来上がってしまう。

 

 

一旦、快感回路が出来上がってしまうと、元にもどることはなく、

 

その快感が忘れられなくて(禁断症状)薬物依存になってしまうという様に知識を習得されている方が多い、

 

これを“正の強化”であると定義していたが、

 

 

実際に松本先生の病院にいらっしゃる薬物依存の患者は、“正の強化”ではなく、

 

“負の強化”で依存症になってしまった方々がほとんどだそうです。

 

 

 

 

つまり、成育環境に恵まれていなくて、“とても寂しい”“苦しい”“辛い”

 

“底知れぬ悲しみ“自殺したい”“自信がない”“周囲になじめない”など

 

ずっと課題・問題を抱えていて、薬物を使った瞬間だけそのことを

 

忘れることができるという動機付けから依存症になっていったという訳です。

 

この状況をよく観察してみると、

 

私のところに相談にいらっしゃるクライアントが訴える課題・問題とまったく同じであることに、愕然とさせられます。

 

人間が取り巻かれている外部刺激(ストレスなど)に対して、

 

反応として表現される形(薬物依存なのか、心身症なのか)が違うだけです。

 

 

私が今、提供させて頂いている、“ビリーフチェンジ・セラピー”は、依存症患者

 

でも、きっと効果的であると思っています。

 

依存症はだれでも当事者になる可能性があります。

 

依存症でお困りの方、一度、私にご相談ください。