流れに沿って生きる

私の幼い頃の夢は、プロ野球選手だったり、学校の先生だったりでした。

 

自意識が芽生え始めた頃には、やはり父親が口癖のようにいっていた

 

“東証1部上場の会社に入れ、そのためには大学に行け”

 

影響で、とにかく、“給料が良くて、待遇がいい、東証1部上場の会社”

を探していました。

 

 

 

そして、バブル経済が破綻した就職氷河期にもかかわらず、

 

唯一内定を頂けたのが前職24年間務めた会社で、

 

もちろん東証1部上場企業で、当時の就職雑誌では、

 

“社員に優しい”

“学生に人気が高い”

“研究開発力・技術力が高い”

 

 

 

など特集が組まれるほど優良企業で、辞職する前5年ぐらいは、待遇は課長相当、

 

年収は約1,000万円で、望みが叶った状態でした。まさに順風満帆そのものでした。

 

 

しかし、42歳(厄年)を過ぎる頃から、過労による心身不調(ワーカホリック)が続き、

 

あれだけ順調であったサラリーマン生活がうそのように崩れていったんです。

 

そして、心理学、心理療法との出会い、前職を退職して、

 

今はココロ・ワークス・ラーニング代表として、心理療法家;心理セラピスト/カウンセラーとして

 

起業をしている、どうですか、不思議といえば不思議ですよね

上司に“やめます宣言”してから、

 

直属の上司、部長、事業部長、人事次長に

 

呼び出されて、

 

“日本では45歳転職限界説のようなものがあり、よっぽど

特別な技能がなければ、転職できないよ”

 

 

とか

 

 

 

“社会的地位、社内での好待遇、高収入を捨てて、なぜそのタイミングで会社をやめるのか”、

 

 

さんざんやめることを思いとどまらせるための説得がされました。

 

また、部外者からも、“お前、あほちゃうか!?”など、私以外のすべての人達から、

 

 

“なぜ、今の境遇を捨てて、なにをやるつもりだ”という趣旨の説得が続きました。

 

 

 

私自身はどのように感じていたというと、“流れに流され、そして流れに沿っていた”感じでした。

ここで、キャリア理論で著名な

 

スタンフォード大学のジョン・D・クランボルツ教授によって

 

考案された

 

「計画された偶発性理論(プランドハップンスタンスセオリー)

 

をご紹介したいと思います。

 

 

「個人のキャリアの8割は予想しない偶発的なことによって決定される」

 

とし、その偶然は“計画された偶然”であり、

 

それらによって個人キャリアは決定されていく、というものです。

 

 

 

クランボルツ教授が一般的な社会人を対象に行った調査では、

 

18歳の時になりたいと考えていた職業に実際に就いている人の割合はたったの2でした。

 

 

これは、当時のアメリカで主流だった、「キャリアとは自分自身で計画し、それに合わせて意図的に

 

職歴を積み上げて形成するものである」というキャリア論の限界を意味しています。

 

 

ゴールを決めてそこに至るアプローチを逆算して積み上げていくことが必ずしも有効とは限らない、

 

という現実が浮き彫りとなったのです。

そして、この理論を自らの体験・経験によって、

 

実証された方をご紹介したいと思います。

 

とある心理セミナーで知り合いになり、

 

ブログをチェックしてみると、

 

私もホームページに掲げて大切にしている言葉

 

“禍福一如”がヘッドページにあり、

 

同じ大阪出身で尚且つ、前職は臨床検査技師というとても偶然の出会いとは思えない方、

 

元凄腕タロット占い師 守田 矩子先生(現在は後進の指導も退かれて、ご主人とラブラブな時間を過ごされているようです。)

 

偶発性理論(プランドハップンスタンスセオリー)に沿って、ジェットコースターのような

 

人生を生きたドラマ仕立てのようなストーリー展開です。

 

私と同じように、起業仕立てで、まだまだ“ブレイク”する気配さえ感じず、

 

日々、不安を抱えながらも、ご自身の感じている使命に生きようとしている方々に、

 

是非、読んでいただきたいと思います。

 

なぜ、私がタロット占い師として、成功したのか?シリーズ①~⑨

 

https://ameblo.jp/flower-tarot/entry-12413907531.html

https://ameblo.jp/flower-tarot/entry-12414208422.html

https://ameblo.jp/flower-tarot/entry-12414417153.html

https://ameblo.jp/flower-tarot/entry-12414483220.html

https://ameblo.jp/flower-tarot/entry-12414777658.html

https://ameblo.jp/flower-tarot/entry-12415150517.html

https://ameblo.jp/flower-tarot/entry-12415364281.html

https://ameblo.jp/flower-tarot/entry-12415403446.html

https://ameblo.jp/flower-tarot/entry-12415821833.html

 

“流れに身を任せる”って状態、一度でも欲望(エゴ)に乗っ取られて、

 

とんでもなくエゴ的に生き流されたことを経験している人には、とても、とても怖いことだと思います。

 

ある意味、ご自身が大切にしている執着を手放すことですからね。

 

しかし、私が思うに、“意識的に、恐怖をもったまま、流れに身を任せてみる”

 

なぜなら、あなた(自分自身)の人生に無駄なものは一切なく、

 

“禍福一如:幸せと不幸も全く一緒”であるからです。