映画『教誨師』より

私が家でいる時間が多くなってくると、気分が塞ぎこんだり、ネガティブな発想になってみたりと・・・・、

 

 

よろしくないと思って、先日、映画の日(毎月1日)であった111日(木)に映画を堪能してみました。

 

 

サラリーマン時代は、“ずっと、同じところに座っていることに耐えられない”という思い込みがあり、

 

映画館で映画は一切見たことがありませんでした。幼い頃の記憶をたどってみても、

映画を見に行った記憶はほぼありません。

 

そんな私ですがサラリーマンを辞めて、“心理セラピストになろう”、と決心した後は、

 

“心理セラピストとしては、いろいろなクライアントさんに出会うから、様々な境遇に置かれた人達もしくは様々な

 

価値観を理解して、受容しないといけない”と考えて、少しずつではありますが、

 

“映画館で映画をみて、様々な価値観に同一化してその感情に浸りきってみたり、

脱同一化して解離させた状態を経験してみたり”しながら、

 

自分自身を心理セラピストとしてトレーニングしてきました。

今回取り上げた作品は『教誨師』

 

大杉 漣さん生前最後の主演作品です。

 

教誨師(牧師)とは、ウィキペディアによると

 

“受刑者に対して、教えさとす人、もしくは、教え戒める(いましめる)人”のことで

 

この作品の中では、6人の死刑囚に対して、大杉 漣さん扮する教誨師(牧師)が

 

一癖も二癖もあるこの6人と面会して、どのように死刑執行前の気持ちを

 

平安にしていくのか、そして6人それぞれの死刑囚が刑執行間際に、

 

どのように表情を変えて、どのように変貌していくのか、その辺りも見る前から

 

興味深いところでした。

 

(画像はホームページよりお借りしました)

6人の死刑囚は、もちろんそれぞれキャラクターが多様であり、

 

 

 

教誨師と話すことを楽しみにしていて饒舌に話す人、

 

世の中、社会情勢が悪く、自分はその制裁を行ったたけだと自己正当を主張する人、

 

気が弱く真面目であり、他人に迷惑かけることが嫌だとして、裁判で最後まで争わず

罪(死刑)を認めてしまう人、

 

全く話をせずに設定時間を終えてしまう人、

 

 

 

などであり、教誨師として、“自ら犯した罪を見つめて、悔い改めること”で残り少ない

 

人生を豊かに、充実したものになるように、聖書の言葉や讃美歌を合唱することで

 

伝えようとするがうまく伝わらずに苦悩する場面がありました。

 

教誨師の中にも、理想と現実の葛藤があったのだと思います。

(画像はホームページよりお借りしました)

私にとって印象的な場面は、いつもは全く口を開かない方がある日、

 

教誨師と面談中にご自身が殺めてしまった被害者の幻影(幽霊のような物体)を見て、

 

その幻影と会話を交わしたことによって、今までに見たこともないような笑顔に変わり、

 

たいそう教誨師に感謝をしている場面がありました。その方の意図が被害者に通じたと

 

錯覚した瞬間だったかもしれません。

 

 

またある方は、自分の愚痴をなんでも聞いてくれる看守を空想の中に登場させて、看守の色恋話や転勤話、

 

他愛もない話を饒舌に教誨師に話続けますが、全て妄想・幻想。

 

しかし、教誨師と面会している最中は、喜怒哀楽な感情を表現していたのが印象的でした。

 

 

また別の方は、面会に来てくれない我が子を思って日々を過ごして、我が子に会えない状況に自らを責め続けますが、

 

“もしかしたら、我が子が面会しにきてくれるかもしれない”という希望をもって、

 

なんとか耐え忍んでいる感じが受け取れ、これまた印象的でした。

 

 

いずれにしても、この方々は“生きるための意味を見出していた”のだと

 

思います。

 

法治国家日本で“死刑”という判決を言い渡されたとしても、

 

自分自身に何でもいいから生きるため、

 

生き続けるための意味が見出せた時、どんなに悲惨で、劣悪な環境に

 

身を置いている人でも生きることに前向きな気持ちを持つことが出来るんじゃないのか、

 

と考えさせられました。

 

ちょうど、思い出したのは、ナチス統治下のドイツでユダヤ人強制収容所に監禁されて、

 

生還した精神科医ヴィクトル・フランクルが”夜と霧“や”それでも人生にイエスと言う“で書き残した表現と同じものだったと思います。

 

 

 

 

また別の方は、いつも日本の国政・政治家や社会情勢、制度を批判していて、が教誨師に対して、

 

とても攻撃的な態度で接していました。この攻撃にいつもは穏やかにお話を聴いている教誨師も、

 

感情を露わにする場面もあり、これもまた人間の真実だと感じました。

 

本当は内側で物凄く“恐怖”を感じているのに、外側に表現される感情は“怒り”であるのは、

 

我々の日常生活でも見受けられる場面だなと思いました。

 

この映画では、“死刑”という刑罰が与えられ、極限の恐怖心を持たされた人達(6人の死刑囚)と

 

その人達に対して刑の執行までの最後の時間を穏やかな気持ちでむかえてもらいたいと思う人(教誨師)、

 

普通に人間生きていることが当たり前になりすぎて、改めて“生”と“死”というテーマを通じて、

 

人間の本質をえぐりだされたこの作品。私にとって、心理セラピストとして、たくさんのヒントを頂けたと思います。