観劇『豊饒(ほうじょう)の海』より

“今年は心理セラピストとして、いろいろな人間の価値観を感じるために、映画や舞台芸術を鑑賞する機会をつくろう”と、

 

自分なりに目的を持って、サラリーマン時代では考えられないぐらいに、

映画・演劇・美術品・芸術品などを鑑賞してきました。

 

 

今回は『豊饒の海』。

 

 

 

 

三島由紀夫の最後の長編小説であり、この小説の最後の入稿日に、

 

陸上自衛隊市谷駐屯地で割腹自殺を図ったいわゆる三島事件でも有名になった背景もあります。

 

今なお、日本文学史に大きな影響を与えて、

 

語り継がれるストーリーは、とても突飛であり、

 

知れば知るほど、“その時代を生きるには早かったのかな”っていう

 

印象を持ち、人の心理に関わる人間として

 

生涯行動を分析すると、人間が持っている様々な

 

パーソナリティが写し出されて、

 

とても印象的で、衝撃的で、魅惑的な人格であると感じます。

 

 

 

三島由紀夫を象徴するようなエピソードとしては、

“(あなたの中の異常心理;岡田尊司先生著から引用)

 

 

 

完璧主義であり、一語一句完璧な文体と極めて高い完成度の高い作品で、

 

ライフスタイルや性格にも完璧主義が染み透っていたことが伺い知られている。

 

三島は約束事を重んじることで有名であった。どんなに仕事が立て込んでいても、

 

締め切りを守らなかったことは一度もなかった。

 

 

中略)作曲家 黛敏郎とオペラの仕事をした時、黛の作曲が締め切りに間に合わず、

 

黛は詫びを入れ、上演時間の延期を申し入れたが、三島はその作品の上演自体を取りやめた。

 

以降、三島は黛と絶縁した。最初に予定された通りでなければ、

 

妥協してまで行おうとせず、むしろ白紙に戻してしまうのである。・・・・・“

 

 

 

 

(中略)完璧主義者は、頑張り屋である。理想の完璧な達成を目指して、

 

何事に対しても人並み以上の努力をする。うまくいっている時には、

 

それが健全に機能し、・・・・・・いったんつまずき始めると、

 

完璧主義者の完全を求めようとする欲求は次第に変質し始める。・・・・・

 

下り坂になった時に脆さをみせやすいのだ。“

30歳代で日本文学界の頂点を極めて、

 

毎年ノーベル文学賞候補に挙げられていたにも関わらず、

 

40歳からは、“堕ちていく自分”を感じざるを得なかった三島由紀夫。

 

そんな状況下で、執筆された『豊饒の海』。

 

劇中、この時代には、子供の気持ちなど大切にされることなく、

 

貴族間の政治的政略結婚のために使われようとしていた

 

主人公やこの時代では認められない男女間の道外れた関係(不義)、

 

そして馬鹿正直に、愚直で日本国を案じていた右翼的青年、

 

そして最後の方で全ての場面を回顧するシーンがあり、セリフとして、主人公の存在を

 

懐かしいと思うところがありましたが、それに対して、

 

“さて、誰のことをいっているんですか?”“夢でもみたんじゃないですか?”という応答するセリフ。

 

 

 

 

全ての登場人物の心理的な微細な心の動きに対するセリフがまるで見てきたように、

 

知っていたかのように、表現されていることが本当に印象的で、決して、考えて、想像して書かれている感じではなかった、と思いました。

 

 

最後の回顧シーンのセリフも、私には荘子の“胡蝶の夢”を想起される内容で、

 

“今、現実を生きている自分が夢を見ていたのか、物語の中に出てきた主人公が“私”という夢をみていたのか“、

 

 

この人生を生きている人間は、”夢が現実か、現実が夢なのか?“少し霊性(スピリチュアリティ)の世界の表現も含まれていると思いました。

 

 

只々、解釈のやり方によっては、様々な解釈が出来て、不可解なところも残った部分もありました。

 

では、“なぜ三島由紀夫が思考レベル(想像/類推)での文体ではなく、

 

この時代背景の物質世界的な表現や回顧的表現、霊性な世界にまでも、

 

全ての登場人物の微細な心の動きを書き綴ることができたのか

 

完璧主義を貫き通すことができたのか”

 

“このような才能を一般人に顕現させることはできないのか”という疑問が

 

私にはわいてきます。

 

 

 

 

三島由紀夫が生きた時代を支配した渦巻く集合意識の濁流に、

 

決して流されずに、意識的で、どこまでも“愚直で、どうしようもないほどに誠実だった

 

(画像はホームページよりお借りしました)

 

三島由紀夫だったからこそ、

 

 

人間の本能的な汚さ・醜さ・グロテスクさ・利己的な人格を

 

認知することが出来て、また反対に人間の精神の美しさ・気高さ、

 

そして宿命という渦巻く集合意識の濁流の前に、人間は本当になにも出来ず、只々無力であるということを思い知らされたのではないか、

 

だからこそこの作品の全ての登場人物を通じて、まるで見てきたかのように、知っていたかのように、文章に表現することができたのではないか、と

 

私は思います。様々な人格を経験することで、感情は共鳴してしまいます。

 

それが時に、”苦しく“”しんどく“、取り乱してしまうことは、我々、一般人でも日常生活で発生することです。

 

三島由紀夫はその感情を同一化することなく、 どこまでも完璧に写実的に、書き綴ることができたのかもしれません

 

 

私は心理セラピストとして、両極の人格をもって、生き辛さを感じてしまったクライアント様に面会させて頂いております。

 

ただ、セラピーを進めていくと、クライアント様の中にいる両極の人格は、間違いなく、私の中にもいる人格であると感じます。

 

心理セラピストとして、セラピー中は感情が振られない様に、日々、トレーニングを重ねていますが、

 

これら両極の人格をもった葛藤を理解するためには、パラドキシカルな表現になりますが、

 

この感情を持って、”苦しく“”しんどく“、取り乱してしまう経験・体験が必要であると私は思います。