スマホマナー電車広告

最近、家ではテレビを見ないので、“世間では何が流行りなのか!?”、

 

私が判断する材料として、注意してみているのが、電車広告なんです。

 

“電車広告”と“書店平積みコーナー”は、世相をよく反映していると思って、観察しています。

 

 

 

先日、たまたま電車内で見つけたスマートフォン社内使用についてのマナー広告で

 

“即レスしなかった程度で失われるものを、友情とは呼ばない”

 

 

という広告を見つけました。これを読んでみて、

 

少し思うところありましたので、

 

書いてみたいと思います。

確かに、スマホ使用人口が増加する

(添付グラフ参照)

につれて、

 

 

歩きスマホ中、電車や他人との接触での

事故やトラブルも増加傾向にあると感じます。

 

電車社内での使用マナーについても、

マナーを逸脱した使用からここでも同じことが

言えると思います。

 

 

では、駅構内でのスマホ使用についての

注意喚起・啓蒙活動等が始まったのは、

つい最近のことなのか、と疑問をもちますが、

 

 

皆さん、ご存知の通り、携帯電話使用や

スマホ使用のマナーは、駅構内で

耳にタコができるほどお聞きになっていることと思います。

 

 

 

 

では、なぜ事故・トラブルが後を絶たないのか、という疑問が湧いてきます。

 

 

さんざん駅構内放送でも、電車内、駅構内広告でも

注意喚起されているにもかかわらず、なぜマナーを守ることが出来ないのか・・・・。

過半数勢力がルールを作る!?

 

 

 

まずはスマホ使用者側からの意見でしたら、

 

“みんな、(スマホ)やってんじゃん、私だけじゃない”とか、

“ちょっとぐらいいいでしょ

(誰かに迷惑を掛けている訳じゃないし・・)!?”

 

 

のようなココロのつぶやきがあると思います。

 

個人を特定されるような状態であれば、

通常は社会生活を営む上で所属している

 

コミュニティ(家族・学校・会社・地域など)に

制定されているルールを遵守させられるメカニズムが働いています。

 

 

それは、“そのルールを破ると罰則・ペナルティーが与えられる”という、

恐怖心・罪悪感を煽ることから、そのルールを遵守されるように仕向けられているのは、

 

 

少し思いを巡らせて頂ければ心当たりがあるかと思います。

 

 

ところが、電車内、駅構内であれば、不特定多数の人達がそれぞれの

事情・状況に応じて、スマホを使わざるを得ない場合があることだと思います。

 

自分の周りに、本来、制定されているルールを堂々と破っている

人達が過半数以上いたなら(その場所では、一時的にスマホを使用OKという錯覚に陥ったとしたら、例外が存在するとしたら)、

 

 

ルールを守らせる強制力としての恐怖心・罪悪感が煽られない状態になり、

ルール遵守化を統制が出来なくなるんだと思います。

 

つまり、その場、その状況において、過半数を占めたグループのルールが“正”になるということですかね・・。

 

 

“見捨てられ不安”に勝る行動原理はない

 

そして、もう一つ、指摘しておきたい行動原理は、

“見捨てられ不安”だと思います。

 

 

この行動原理でスマホを使い続けざるを得ない状況に、

無意識的にも、意識的にも置かれている人達が存在すると感じます。

 

 

心理カウンセリング・セラピーの世界では、

境界性パーソナリティ障害を説明したテキストには、

必ずといっていいほど掲載されている“見捨てられ不安”という単語。

 

 

これは、心理的に人とつながっているということがまったく実感できない

人達が、目に見える形(メールの回数、文章量、相手の反応スピードなど)を

使って、人との繋がりを実感しようと試みますが、決して心が満たされることはなく、

 

 

執拗に、また強迫的に、その行動をやり続けてしまうというものです。

 

だって、人から繋がりを切られるほど、

怖い事はないと思い込んでいるからです。

 

 

 

ですから、このタイプの人達は、どんな状況であっても、

人に見捨てられるぐらいならば、見捨てられる恐怖を感じるくらいならば、

たとえ遵守すべき制定されたルールがあったとしても、

 

 

遵守させる強制力は全くないのだと思います。

人から見捨てられないためのルールが最上位概念であると思います。

 

例えば、全く結果を急ぐ必要性がない

スマホゲームをやっている人達ですが、

 

集団対戦型となってくると話が違ってきます。

私の関心領域には、

 

 

“依存症”があり、近年、問題になっている

インターネット・スマホゲーム依存症になってしまう

 

過程では、集団対戦グループメンバーに

見捨てられることが怖い、

 

人との繋がりを感じ続けたいという感情がその人を支配してしまい、

 

 

途中で止められない、トイレにいけず、膀胱炎になってしまう、

などの状況作り出してしまう訳です。

 

 

また、学校においても“スクールカースト”なる

ルールで生きている学生には、

 

 

スクールカースト内で

運用されているルールが最上位であり、

 

電車内・駅構内でのルールの効力は

これまた弱いものにならざるを得ないと感じます。

 

企業において、会社の利益・売り上げ至上主義の

サラリーマンにも同じことがいえると思います。

 

 

これだけ見てきても、如何に恐怖という感情が

人間を動かしているか、ということが理解して頂けると思います。

 

 

恐怖感情は人間が生きている上で必要です。

ですから、恐怖感情を失くしてしまうような心理セラピーは間違っていると思いますが、

 

 

あまりにも敏感に反応しすぎて、生き辛いという方がいらっしゃいます。

 

そのような方は是非、私に相談してください。お待ちしてます。