その“苦悩”が必要です

先日、公開前から話題になっていました“ボヘミアン・ラプソディ”を鑑賞してきました。

世界的に有名なイギリスのロックバンド“Queen(クイーン)”の誕生から栄枯盛衰を描いた回顧録的な映画でした。

 

 

私事ですが、14歳頃にロック、ヘビメタなどに興味をもって、その当時、テレビでは深夜に小林克也さんが

MCをやっていた“ベストヒットUSA”を欠かさず見て、

毎週のようにレンタルレコード店で新作アルバムをチェックして、

 

 

 

その情報を基に中学校では、“海外ミュージシャン”談議に花を咲かせていました。

なにか、夢中になって好きになれた分野でした。

 

さて、映画の中身に触れていくと、Queenのボーカルであった

鬼才ともいえるフレディ・マーキュリーが加入したことで、

 

 

一気にスターダムに駆け上がりました。Queen4人メンバーでも、

ひときわ偉才を感じさせる演出でした。

 

 

私が当時、聞いていたロック・ヘビメタで、凄い音楽性・創造的メロディを

感じたのがQueenでした。

 

 

只々、うるさい音楽ではなく、綺麗なハーモニーや聞かせることを

前提に作った曲、そしてメンバー4人の際立った楽器演奏テクニック、本当にどれをとっても

 

 

素晴らしいバンドであると今でも思います。

 

そして、順調に売れ続けるかと思うと、新曲“ボヘミアン・ラプソディ”の発売を

レコード会社から反対されたり、“尺”が長すぎるということで、有名ラジオ局で放送されることを

 

 

拒否されたり、様々な苦悩・逆境を抱える羽目になりましたが、メンバー全員自分たちの

可能性を1ミリも疑うことなく、どんどん新譜を発表していきます。

 

 

それと共に、世界中でコンサートが開催されて、観客動員数において当時でも

驚異的な記録を作り、黄金期を迎えていきました。

 

人気・興行収入が潤沢な中でも、

唯一満たされていないものがありました。

フレディーの心の隙間です。

 

 

 

たしかに人気があり、収入も十二分にもらって、

豪邸に住み、気まぐれでもホームパーティをすれば、

多くの似非ファンに囲まれて

 

 

一時的ですが悲しみを紛らわせることが出来たでしょうが、いつまでも埋まらないフレディーの心の空虚感・・・・。

“寂しさ”を紛らわせるといって、言葉巧みに言い寄ってくる輩に都合よく使われて、

空虚な心のフレディーは、他3名のメンバーとの折り合いも悪くなってしまいます。

 

 

遂にはメンバーに相談なく巨額契約金が目的であった訳ではないですが、

ソロ活動を実施しましたが、今までのようにはいかず、さらに当時まだ公開されていなかったフレディーの

両性愛疑惑に対するマスコミからの攻撃がますますフレディーを孤独にしていったと思います。

 

 

フレディーにとって音楽活動が単なるレコード会社との契約のための“義務”になった時、

音楽活動が苦難・苦悩に変わった瞬間だったと思います。

 

 

そして、究極の不安を感じ、さんざん苦しみに、苦しんだ末に、たどり着いたある結論は、

 

“やっぱり、メンバーは家族で、最も大切なもの”

”フレディーの音楽活動には、メンバーが不可欠なもの”

 

でした。

 

 

フレディーは、メンバーに深く謝罪して、もう一度グループとしても、音楽活動を懇願し再開した。

 

そのシーンの挿入歌が

フレディ・マーキュリー作詞/作曲

“伝説のチャンピオン”で、

一部日本語訳された歌詞を下記にご紹介します。

 

私は、この歌詞を決してフレディー個人の体験によるものだけでなく、

私達もきっと同じ体験をしているんじゃないか、と思うのです。

 

 

“だれも私の事なんて、わかってくれない”

“こんなに苦しい思いをしているのに、誰も私を助けてくれない”なんて、

 

 

思ったことが一度や二度はあるんじゃないでしょうか?

そして、その苦しみを感じるたびに、

 

なかったことにして誤魔化したり、

“苦しくなんかない”とか言って強がってみたり、

 

していた経験・体験があるんじゃないのか、って思うんです。

私がそうであったように・・・。

 

 

その苦しみ・悲しみ・苦難・苦悩・孤独感と向き合うことは、

とても勇気がいることだと思いますし、ときに嫌になって逃げだしてしまうこともあったと思います。

 

 

ときに怖くなって、自分を、周りの人を責め立てたかもしれません。

凝り固まってしまったかもしれません。

 

 

しかし、最後に自ら向き合うと“決めてみた時”、周囲の人達はきっと

あなたの治癒力を信じて、応援してくれるでしょう

 

 

そして、その苦しみ・悲しみ・苦難・苦悩・孤独感を乗り越えた時、

あなたが以前に感じていた恐怖や悲しみに支配されて、

 

本当のあなたでなくなる機会は極端に少なくなると思います。

その経験があなたを成長させてくれたことに気が付いて、

 

その苦しみ・悲しみ・苦難・苦悩・孤独感が必要だったと理解できるかもしれません。

感謝できるかもしれません。

 

 

 

ひとりぼっちで、その苦しみ・悲しみ・苦難・苦悩・孤独感に向き合うのは、

嫌だなと思われる方は、私に連絡ください。お待ちしています。

伝説のチャンピオン 歌詞・日本語訳 一部抜粋

 

I've paid my dues

代償は払ってきた。

 

Time after time

それこそ、何度も何度も。

 

I've done my sentence

処罰を受けてきたんだよ。

 

But committed no crime

でも、何の罪も犯してなんかいない。

 

And bad mistakes - I've made a few

それはさ、確かに間違うことだってあったよ。

 

I've had my share of sand kicked in my face

その度に地面に突き倒され、

顔面に蹴りを入れられ砂を噛まされても、

 

But I've come through

やり続けてきたんだ。

 

(And I need just go on and on, and on, and on)

何があっても続けて、続けて、続ける。必要なのはそれだけだ。

 

・・・・・・・・・・・