思い込み

毎年、寒い季節になると、

“暖かいセーターとかコートとかないかなぁ~”とよく考えます。

 

 

最近は寒い日が続きますから、余計に考えたり、

Webショッピングモールでさがしてみたり、街を歩いていても、

行き交う人達の服装にもついつい注目してしまいます。

 

 

 

 

先日、グレー色のセーターが欲しくて、

いつも衣料品を買っているお店にはお気に入りなものはなくて、

初めて“ユニクロ(UNIQLO)”で購入したんです。

 

 

ユニクロは、サラリーマン時代、ビジネス・マーケティングを勉強するため、

ケーススタディとして柳井 正社長が

 

“どのような発想力をもって、市場を創り上げてきたのか”、

“柳井社長の何が他の経営者と違っているのか”など、

 

よくビジネス書を読んだものでしたが、ユニクロ製品を購入するのは今回が初めてでした。

 

 

なぜなら、“価格は確かに安いけど、品質は大丈夫なのか?”という問いがいつも私の内にあったんだと思います。

大学生時代の友人達が、実際に使ってみたユニクロ製品の“品質の低さ”を笑いに変えて(大阪エリアでは)、

 

自慢げに話していた記憶があるんです。

 

それ以来、私の内では、“ユニクロ製品は品質が悪い”というなんとなく固定観念が出来上がってしまったのだと思われます。

 

私のユニクロの事例のみならず、皆さん、ある物に対して何かしらのイメージ・思い込みを持っているものだと思います。

 

例えば、都道府県でいえば、

 

“東京といえば・・・”

“大阪といえば・・・”

“福岡といえば・・・”

 

とそれぞれに持つイメージが全く異なっていると思います。

 

個人の体験・経験に基づいたイメージや最も信用できる情報筋からのイメージであったりすると思います。

その過程を何度も何度も繰り返していると、あたかも本当のように、真実のように信じ込んでいる

 

自分自身に出会えるかもしれません。

固定観念と呼ばれるものですね。

 

人間の行動を支配しているプログラムにも

同じことが言えると思います。

 

“私って、・・・・なんです。”

“私って、・・・・が嫌なんです。”

“私って、・・・・に自信がないんです。”って

 

億万回もご自身に諭してきたのかもしれませんね。

 

このメカニズム自体、人間の本能として、

“守る”(自己防衛本能)を持っている限り、

至って自然に行われていることだと思います。

 

 

強烈な感情動揺体験をすれば記憶として残り、

再度、同じ体験・経験をしないように、感情動揺を回避するための

 

プログラムを創り上げて、

その状況に二度と出会わないようにしようとする。

 

 

全て全自動に行われているので、意識的にされることがなく、何度も何度も繰り返すことによって、

無意識的に潜在意識にため込まれて、人間の行動を無意識の内に支配していくプログラムが無数に存在します。

 

 

そしてそのプログラムは、どんな時にも人間を安全・安心できるように全自動運転で導いてくれます。

 

ですから、とても便利なのですが、リアルタイムに発生している現実と

 

想像・妄想・イメージの区別ができない

 

脳の特性からイメージするだけでも身体反応が発生します。

 

 

事例としては、映画鑑賞が挙げられます。

 

スクリーンに映し出されている映像は、

現実に目の前で起きていることではないのに、

 

 

手に汗握ったり、

感動して涙を流してみたり、

ドキドキしてみたり、

悲しみに打ちひしがれて涙してみたり、

 

 

以前に無意識的に刷り込んでしまったプログラムが

正常に作動した証拠であるといえます。

 

そして、このイメージを持って、五感を働かせて、感情・身体反応にまで

影響を与えるシステムを結果として自分自身を責めるために使用させている方々を職業柄よく見ます。

 

“私って、人付き合いが苦手”

“私って、何をするにも自信がない”

“私が頑張らないと、うまくいかない”

“私って、人から嫌われる”

“私って、何のために生きているのかわからない”

 

などをプログラムとして持っていますから、

 

イメージ通りの現実を引き寄せて、そして、

“やっぱり、その通りだった”ってさらに強く思いこむ。

 

 

このプロセスを繰り返して、さらにさらに自分を追いこんで、

責めていく、この生き方、とてもしんどいですよね。苦しいですよね。

 

ほとんどの人達がこの刷り込んでしまったプログラムを性格だから仕方ないと諦めて、誤魔化して生きて、

一生を終えてしまうこの物質世界で、今、悩み、苦しんでいる人だけが改善できる可能性を持っています。

 

“そんな簡単に、改善できるのか!?”っていう声が聞こえてきそうですが、改善できます。

 

身体反応が発生するメカニズムは、上記の通りですから、これを理解して心理療法を行えば、

 

多少なりとも生き易い人生を送ることが出来ると思います。

 

 

生き辛さを感じている方、一度、ご相談ください。お待ちしています。