期待通り/期待はずれ

年末に久々に我慢できないほどの片頭痛に襲われました。

 

しばらく、安静にしていましたが、頭が鈍く、

 

“ガン、ガン、ガン、ガン”っと痛い。

 

 

なるべく薬を飲みたくないので、水を飲んでみたり、

甘いものをたべてみたりしましたが、全く効果がなく、

最終的に仕方なく、こういう時のために常備している

 

鎮痛剤を飲んでみたら、あれだけ痛かったのに、

“あっという間”に痛みがなくなりました。

 

 

 

使用者は、使用時に鎮痛剤の効果として、

 

“これを使用すれば、痛みから解放される”という期待を持っていますよね。

 

 

 

今回は期待通りに、痛みから解放されたので、期待通りだった、期待を裏切らなかった、

 

ということになりますね。

 

別の事例で、先日、外出した際、夜ご飯を食べるため

超有名ラーメン店(博多ラーメン)に入店しました。

 

 

ひと通り注文をして、お目当てのラーメンを食べて、

博多ラーメン特有システム“替え玉”を注文した際、

見事に期待は裏切られました。

 

 

いつまで経っても、“替え玉”がこないんです。

時間が経つにつれて、だんだん満腹感が強くなってしまい、

改めて注文が通っていないことを指摘するとすぐに出てきたのですが、

 

満腹感が頂点に達していて一口も食べられず店を出ました。

 

 

 

注文した“替え玉”がタイミングよく提供されなかったこと、

店側のミスで一口も食べられなかった“替え玉”分の料金まで請求されたこと、

 

期待が本当に見事に裏切られたのです。

 

私の期待は、

 

注文後、すぐに“替え玉”が提供されると思っていた、

食べられなかった“替え玉”分は料金請求されないというもので、

 

 

その通りにはならなかった。

人間が持っている能力のひとつに、“期待する”というものがありますよね。

 

“期待する”;人物、物、事象などに対して、自分の思い描いた理想・イメージを作りだし、

その状態が実現するだろうと考えることです。

 

そして、この“期待する”という行為は、人間、常にやっているもしくは、

やらされているんだと思います。

 

自分自身が“正解であると信じて疑わないルール”を作り上げてしまいますが、

作り上げたこと自体には通常では気が付きません。

 

 

例えば、“他人との約束時間は絶対に守るべき、

だから、約束時間よりも早めに待ち合わせ場所に

到着していて当然”

 

であることを正しい・正解だと信じている人達にとって、

 

時間を守れない人達は信じられないし、腹が立つと思います。

 

それは、相手に“約束時間を守ってくれる”と期待しているからですよね。

 

 

でも、期待する理想像/未来像って、一体どこからきているんでしょうか?

これは、その期待する人の(成功)体験によるんじゃないかな、って思います。

 

 

過去に、その期待する方があることに成功したことがある、もしくは成功させようと心血注いた経験・体験があり、

それなりの結果を出したことがある、もしくは成功させようと一生懸命努力してみたけど、

失敗に終わった、屈辱を味わったと思っている、

 

その方は、周囲の方々にも同じ結果が出せるように、もしくは失敗しないように、期待してしまう。

 

 

 

期待する人は、(成功)体験をもっているから、

 

“これだけの努力量をしたら、あなたにも出来るのよ(私の期待に応えて)”

“出来ないのは、あなたの努力量が足りないだけ、だから、もっと頑張って!(私の期待に応えて)”

“結果が出ないのは、あなたが怠慢だから。だから、真剣に努力して!(私の期待に応えて)”なんて、

 

 

よく以前、私は思っていました。この期待する基準が高く、そしてそれを多く持っていればいるほど、

 

人間関係が劣悪になっていくと思います。上記のラーメン屋事例のように、

 

期待応えてくれない他人は、怒りの感情を誘発し続けることになるからですよ。

そして、この期待の仕組みが母-娘間で非常によく起きると感じています。

 

お母さんが娘に、

 

“私が、幸せであったように、(もしくは幸せでなかったので)、

あなた(娘)も(には)幸せであって欲しい”と

 

期待をする訳です。

 

まず、前者であれば、お母さんは自分が親からされていたことを全て

強制的に娘にやろうとします。

 

そして、少しでも抵抗されると、恐怖心を煽って、無理やり従わせようとします。

 

そして、事ある毎に、

 

 

“これはあなたのためなの!”

“~~~ができない子は、うちの子じゃありません!”といって、

 

 

場合よっては、暴力的にお母さんの期待に沿った生き方を選ばせることがあり、

 

また後者の場合は、お母さんは幸せじゃなかったから、あなた(娘)には絶対そうなって欲しくない、

 

と思って、上記のお母さんと同じように娘に対して、

強制的に、恐怖心を煽って、従わせようとします。

 

 

結果として、娘が成長した時に、

 

 

”自分のことを親の期待に添えていない親不孝もの”

“物事を自分で考えられない”

“考えようとするとザワザワする”

“自分の考え・行動を信じることが出来ない”

“周りの人達の期待に沿えない気がするので、何もできない、したくない”などの

 

 

症状として顕在化するのだと思います。

 

 

 

 

期待・イメージは、使い方次第で、目標達成とって有効な手段になると思います。

ただ、期待が過ぎると、害悪になってしまいます。

 

 

 

他人の期待が凄く重荷に感じてしまって、

人間関係がうまくいっていないなぁ、

 

心当たりのある方は一度、ご相談ください。お待ちしています。