“嵐”活動休止にみる集団(個々人)に働く力

ネットニュース、スポーツ新聞など情報媒体を賑わせた、

ジャニーズ事務所 “嵐”の活動休止発表。

 

 

1999年にデビュー以来、

 

CD売り上げ記録、

コンサート観客動員記録、

アジアツアー成功

 

など輝かしい実績に加えて、

メンバー5人それぞれ主演の映画やドラマで、

 

“味”のある演技を披露して世間から高評価を得て、

テレビ番組では冠番組を持つほどに人気がある“嵐”。

 

盛隆を極めたと言えると思います。その人気アイドルグループが

2年後に活動休止をするという発表で、

衝撃を受けた方も多いのではないかと思います。

 

少し気になって、ジャニーズ事務所所属グループが盛隆を向えた後、

その後どうなっていったか、調べてみました。

 

 

記憶にあるところから言うと

 

・“たのきんトリオ”→解散

・“シブがき隊”→解散

・“少年隊”→現存

・“THE GOOD BYE”→活動休止

・“男闘呼組”→メンバー1名素行不良、脱退、解散

・忍者(少年忍者)→解散

・“光GENJI”→解散、元メンバーによる薬物依存、スキャンダル多々

・“SMAP”→メンバー1名脱退、その後3名が脱退して解散

・“平家派”→解散

・“CHA-CHA”→解散

・“TOKIO”→メンバーによる未成年飲酒問題

・“KinKi Kids”→メンバー1名突発性難聴を患う

・“V6”→現存

・“タッキー&翼”→メンバーそれぞれ芸能活動引退とメニエール病、突発性難聴を発症。解散

・“NEWS”→当初、9名編成であったが、メンバーの脱退が続き、未成年飲酒問題で休止。

・“関ジャニ∞”→メンバー1名脱退。その後、現存

・“KAT-TUN”→メンバー3名脱退。薬物事件も・・一時、活動休止であった

・“Hey Say JUMP”→メンバー1名脱退

 

・“King & Prince”メンバー1名パニック障害発症を患う

これらの現象を見てみると、なんとなく傾向は見えてくると考えます。

 

1999年以降、ジャニーズ事務所でプロデュースされた

グループの共通点は、当時としては驚異的な人気を

 

博していましたが、その後、必ず、

メンバーの脱退犯罪

病気が明るみに出て、

 

解散をしているというところです。

 

 

では、“なぜ、国民的アイドルグループ、スーパーアイドルグループなど評されたグループが立ち行かなくなるのでしょうか?

 

 

まず、思い浮かんだのは、

 

ヒンドゥー教;三神一体(トリムールティ)のブラフマー神、ヴィシュヌ神、シヴァ神;三神です。

それぞれ、“創造”“維持”“破壊/再生”を担当して、人間個人の活動、人間集合体の活動は、

全て、この“創造”“維持”“破壊/再生”を繰り返してきたものだと認識できると思います。

 

今回の“嵐”の場合も例外なく、“創造”“維持”“破壊/再生”の過程にあると言えると思います。

 

もう少しわかりやすい事例として、

SONY;元東京通信工業は、

 

1950年代、最初、真空管電圧計の製造・販売から会社が

起業されて、その後、

 

日本初のテープレコーダー・トランジスターラジオの生産・販売で

大成功を収めました。

 

オーディオ製品では、1979年発売、

若者向けの携帯型カセットテーププレイヤーWALKMAN”は

 

爆発的大ヒット商品になり、日本国立科学博物館に

重要科学技術史資料として登録されており、

『音楽リスニングを大きく変えた』と評価されています。

 

きらびやかな業績の一方で、

 

1970年代には、家庭用VTRの普及を目指して、小型化・低価格化を図った

ビデオカセット規格“ベータ”を発表、その後、家電業界で日本ビクターが開発した

VHS”と激しい規格争いを行ったが、“VHS”勢に軍配が上がったり、

 

家庭用ゲーム機事業に参入するため、ソニー・コンピューター・エンターテイメントを設立して、

Play station”を発売、ソフトウエア供給会社とのソフト開発に関するロイアリティなど業界旧制度を駆逐して、

 

当時、業界を牛耳っていた任天堂、セガを追いやったが、その後、

ソフトウエア開発の方向性を見誤って、任天堂に王座を明け渡してしまった。

 

 

2000年初頭には、SONY Shock”;SONY神話崩壊

 

日本の成長を支えてきたハイテク企業のシンボルであり、

国際的な高い技術力と競争力をもち、

 

世界に広く認められた「超ブランド企業」との認識が強くあったが、

以前ほど、イノベーティブな製品が発表されなくなり、

 

営業利益額が同社従来予想を1000億円下回る大幅な赤字となってしまった。

 

この日本を代表する企業にしても、ジャニーズ事務所グループにしても、

創造”“維持”“破壊/再生”が作用していると思われます。

 

ゆっくりと進化していく過程で、必ず必要な過程としてある“破壊”

 

この過程は、あとで振り返ってみれば、

“確かに、あの時、しんどかったし、苦しかったけど、経験・体験してみてよかった”となる訳ですが、

 

実際、当事者として、その体験をしている

真っ最中は

 

“早く好転しろ”

“逃げたい”

“なんで、私だけがこんな酷い目に・・・”

 

なんて考えるんだと思います。

 

では、“なぜ、進化する過程において、“破壊”が必要なのか“

という疑問が湧いてくるかもしれませんね。

 

私が思うに、

“過去に対する執着(成功パターン)を手放す”という

意味で、“破壊”が必要なのだと思います。

 

あなたの中にある、もしくは集団が築き上げてきた

成功パターンを持っていると、時流から置いて行かれる

状況になってしまう。

 

これでは、その他大勢と同じで自然淘汰され、

無意識的にされてしまうから、

 

成功パターンを捨てざるを得ない、

とても辛く、苦しい状況が作り出される

 

盛隆を築いた快感体験が忘れられず、その成功パターンを

何度も何度も使い続けると、最終的には無意識的に

 

その成功パターンを使ってしまって、

“なぜ、自分個人が、集団がうまくいかないのか”が

 

理解できない状態に陥れられます。

 

無意識的に、成功パターンの奴隷になってしまっている訳です。

 

だから、“破壊”は、絶対に必要です。

 

もう今の自分には、過去の成功パターンは必要なく、

新たな自分自身を作り上げていく時期であると

意識的になるためにです。

 

個々人にも、集団にも新陳代謝が、

必ず必要ということになります。

 

成功パターンは、成功した際の良いイメージと

その時に感じた感情・感覚と共に記憶されていると思います。

 

 

その成功パターンを捨てる訳ですから、とても抵抗があって、怖いのは当然だと思います。

 

お一人でやるには、“荷が重い”と思われる方、一度、私に相談してください。

 

 

お待ちしていますね。