少数派ですが、何か・・・。

先日、お昼ご飯を食べようと“富士そば”に入りました。

 

そばにトッピングとして、

イカゲソ天ぷら(150円;ちょっと高いかな)”を頼みました。

イカゲソ天そばを食べてみて、“イカゲソ天、うまい!”と思ったんです。

 

 

“イカゲソ天、おいしいけどメイン料理で見たことない、

居酒屋でアルコールのつまみで、いつも脇役だなぁ”って感じたんです。

 

 

“なぜ、烏賊の刺身、烏賊そうめんのような

メジャー路線(主流派)になれなかったのかぁ!?”って、

ふっと思いました。

 

でも、食べ物の世界には、このイカゲソ天と烏賊の刺身のような関係性、マイナーとメジャーがあると感じます。

鶏手羽先に対して鶏モモ肉、牛タン、牛モツ、ホルモン焼きに対してサーロインステーキなどが挙げられます。

なぜ、マイナーとメジャーが生まれたのか、考えさせられます。

 

 

 

このような事例は、食べ物の世界だけでなく、人間社会にも起きていると思います。

主流派と少数派というグループ分けです。

 

私は職業が心理カウンセラー・セラピストなので、

悩みを抱えていらっしゃる方々のお話しを伺いますが、

そのほとんどが少数派に属すると思い込んでいる方が多いと思います。

例えば、

 

“私は自信がなく、人と関わる事が怖い、コミュニケーションが苦手な少数派の人間です”

思い込んでいる方々です。

 

 

では、なぜ上記の方々は、

“少数派である”と思いこんでしまったのか、

まず少数派であると自覚するために、

 

 

自分以外の他者と

もしくは集団の中で比較をします。

 

 

他者と比較してみて、同じなのか、それとも違うのか、

自分の立ち位置を確認していきます。

 

 

 

“自分は他者とは違う”と認識してはじめて、

自分が少数派であることを自覚するのがプロセスですよね。

 

 

そして、少数派に属していると思いこんでいる人達は、

内密に主流派に属するために、人知れず努力を重ねる、

 

散々、血のにじむような努力を重ねても改善が見られず、

結果諦めてしまう、もしくは、少数派であることをひた隠しにします。

 

 

それは、少数派に属することが“危険だ”“怖い”“悲しい”などの

負の感情を煽られるからだと思います。

 

また少数派は、自分自身が少数派であることを隠しているので、

時折、他者からの心無い言葉に傷ついて、さらに少数派であることを

 

 

露呈することを回避するプログラムを強化してしまう負のスパイラルに

巻き込まれていくのだと思います。

 

“少数派である”と思い込んでいる人達は、

自分自身を守るために、周りの人達から見たら利己的に写るような立ち振る舞い、

 

とにかく主流派の人達と交わらない行動をせざるを得ない状況になり、

さらに孤立が進んだ結果として、“少数派である”という

現実が確立されていくのだと思われます。

 

 

 

では、“この少数派の方々は、改善される余地はないのか!?”という

問いをお持ちになると思います。

 

答えはあります。

 

タイミングとしては、“底付き現象:

もうこんな状態、絶対嫌だから抜け出したい”と

決心した時だけ、抜け出せる

 

可能性が与えられると思います。

 

ただ、私が推測するには、この“底付き現象”を経験しても、

それでも少数派に居続けようとする方々が多いと思います。

 

ですから、“底付き現象”を経験したからといって、

必ず少数派を抜け出せるとは限らないと付け加えさせて頂きます。

 

少数派に居続ける理由は、上記でも述べさせて頂きましたが、

少数派に属することで、安心安全欲求が満たされたり、2次利得を得られているので、

 

 

主流派に進むためには、

 

この状態の自分自身を手放す覚悟があること、

主には恐怖心・悲しさに耐えられるだけの勇気・決心があること、

 

 

この条件が整っていないと自分自身を作り変えていくことが

困難になるのだと思われます。

 

“少数派である”と思い込んでいる人達が“底つき現象”を経験して、

本当に自己変革をしたいと思った時、最善の方法のひとつとして心理療法があると思います。

 

 

心理療法を受けることによって、

 

 

少数派が如何に思い込みであったか、

 

少数派に属してきたことで如何に恩恵を受けることができたのか、

 

主流派に行くために少数派に属することが必ず必要だった、

 

決して時間を無駄に使ったのではなく、むしろ豊かな人生の時間を過ごせた、

 

そして本当は少数派、主流派などない、ということが理解して頂けると思います。

 

 

気になる方は、是非、私にご相談くださいね。