国際問題ギャンブルカウンセラー認定委員会(IGCCB) 国内認定プロセス参加

 

私が研鑽を積んでいる時に、なぜかわかりませんが

 

“依存症”

(薬物依存、アルコール依存、ギャンブル依存、ゲーム依存、窃盗依存など)

 

興味がありました。

 

 

サラリーマン時代は、

アフター5に憂さ晴らしに居酒屋でのこと、

 

 

当時の同僚がほぼ毎日、お酒を飲んだ瞬間に

“人が変わってしまう”様子を

体験して、

 

 

その同僚は、今、考えれば

アルコール依存症予備軍で

あったと思われます。

 

 

 

そしてサラリーマンを辞めて、ご縁を頂いて

 

 

依存症専門カウンセラー取得講座

NADAIhttp://www.nadai.us/公認)の

受講機会を与えて頂きました。

 

その時、

初めて知ったのは

 

 

依存症で苦しんでいる人達が集う

 

回復施設で働いている人達は全員“元”依存症者、

 

そこに入所を仲介する人も全員“元”依存症者、

 

それ以外に支援団体で活動を行っている人達は、

 

 

“現”もしくは“元”依存症者が家族にいて

家庭ばらばらの危機に陥ったり、

 

 

“元”依存症者が家族にいたが

自死してしまった経験がある方々で、

 

 

唯一、カウンセラーのみ“元”依存症者でなくても、

なれる資格であることでした。

 

その各依存症を

勉強している期間に、

 

物議を醸しだしていたのが

IR法案です。

 

 

IR法案とは、カジノを中心に

宿泊施設、

テーマパーク、

商業施設などを

 

一体的に整備する

 

統合型リゾート

IRIntegrated Resort)の

 

設立を推進する基本法、のことで、

 

 

人口10憶人を超える

中国やインドがあるアジアでは、

 

香港は元より、シンガポール、韓国、オーストラリアでは

 

 

IR開業が続き、

外国人観光客の誘致に

 

成果を上げたことで、

日本政府としても、

 

 

外国人観光客の誘致に積極的で、

この法案設立を目指していました。

 

 

その一方で、カジノ解禁で

ギャンブル依存症の増加や

 

 

反社会的勢力の介入などの問題が

生じるおそれがあるなどとして、

法案成立までに時間が掛かったと思われます。

 

 

 

そして、このIR法案とセットで成立したのが、

ギャンブル対策基本法案であり、

 

 

今の日本ではパチンコ・パチスロ、

その他公営賭博があり、

 

 

ギャンブル依存症で苦しんでいる

人口は約320万人ですので、

 

 

法案が成立したことで国・地方公共団体から

補助金という形で、

 

 

もっと依存症者の回復過程

(回復施設や回復プログラムなど)に

 

支援があればいいなと私なりに期待を持っていました。

 

 

 

 

まだまだ、ギャンブル依存症に対する理解が足りない

日本ですが、

 

2020年には国内運用が始まる

言われています。

 

 

ですので、少しでも

“ギャンブル依存症の背景・概要・

 

症状・対策”などを

よりよく理解したいと思って、

 

 

今回、国際問題ギャンブルカウンセラー認定委員会(IGCCB

国内認定プロセスに参加した訳です。

 

 

 

 

 

 

講師はメリーランド大学医学部病院で、

問題ギャンブルに関わって35年、

プログラムディレクター ローリン・ルーグル先生で、

 

 

6時間/日×6日間で36時間に講義が行われました。

内容が多岐に渡り、

 

 

ギャンブル・問題賭博の歴史・有病率・定義に始まり、

ギャンブルと遺伝的リスク因子、

ギャンブルと脳科学的検証や

 

 

実際にルーグル先生が大学病院に対応してきた

症例を数多く提示して頂き、

 

 

その症例にどのようにアプローチをしていくのか、

解説を頂きながらの講義でした。

 

 

ルーグル先生は、治療アプローチに

マインドフルネスを多用されており、

 

 

決して一遍通りの技法・方法論に

こだわるのではなく、

 

目の前の苦しんでいるクライアントさんに

どのように関わったらよいのか、

 

 

 

正解がない課題に真摯に取り組まれている

本当に人間味溢れる印象を受けました。

 

そして、

“ギャンブル依存症が病気である”という

医学的証拠である

 

脳のfMRI画像を

提示して頂きました。

 

まず、習慣的に

ギャンブルを行っていると、

 

断続的に、勝ったり、

負けたりしている状態に、

 

 

 

勝ちを予想しただけで、

 

ドーパミン(神経伝達物質)が

分泌されるようになって、

 

 

 

最終的には、結果に関係なく、

ギャンブルを行うことが習慣化されて、

 

その時には、

“判断・思考”を司る

前頭前野の活動が

 

圧倒的に弱くなってしまって、

ギャンブルを止められなくなったり、

 

(Sabrina M. Tom :UCLA:Losses loom larger than gains in the brain:

 

Neural loss aversion predicts behavioral loss aversion)

 

大当たりと“ニアミス”をしている

現象を観察している人の脳では、

 

 

大当たりした時と同程度に

脳は興奮を示していて、

 

 

負けが込んでいる状態であるにも関わらず、

そのギャンブル行為を止めることが

 

 

出来なくなっていることが提示されていて、

 

 

確かに、ギャンブルをやっている人達の

脳が上記の状態であるならば、

 

 

 

途中でやめることができず、

消費者金融・闇金にまで借金を重ねてまでも

やり続けてしまうことが

理解できました。

 

Gambling Severity Predicts Midbrain Response to

 

Near-Miss Outcomes 2010 May Henry W. Chase and Luke Clark

 

 

この医学的証拠を後押しする形で、

この講習に参加されていた方々の中に、

 

 

“元”ギャンブル依存症者の方がいらっしゃって、

講義終了後、ご自身の体験談を

直に伺える機会にも恵まれました。

 

 

回復プログラムの中に、

“自分の体験を他人に話す”という

過程があるそうです。

 

 

 

 

そして、お話しを伺って、つくづく思うのは、

 

“ギャンブル依存症”は

誰の身におきても

おかしくないということです。

 

依存対象が

たまたまパチンコ・パチスロであっただけで、

 

買い物、スイーツ、

たばこ、お酒などに依存している方はよく見かけます。

 

 

 

依存症は向き合うことで、是正することができます。

少しでも気になる人は私に相談してくださいね。

 

 

 

そして、今後の流れとしては、

今回、座学トレーニングが終了して、

 

 

 

この後ケースカンファレンスを受けて、

いざ認定試験になる訳です。

順調にいけば8月中旬には終了するものと思われます。