セミナージプシー

“セミナージプシー”という言葉があります。

かつての私がそうでした。

 

 

 

具体的にどのような状態かといいますと、

高額な自己啓発系セミナーを

片っ端から参加して、渡り歩いている、

 

 

“参加すること”に意義・幸福感を

感じていて、セミナーで教授された内容について、

実生活で結果を出していない人達の事です。

 

 

 

 

別名“自己啓発病”であったり、“自己啓発依存症”なんて

呼ばれたりする状態のことです。

 

私はプロフィールにも書きましたが、

30歳代前半から自己啓発系セミナーに

よく参加していたと思います。

 

 

 

その場で得られた情報で、

“〇〇〇のマーケティング講座がいいみたいよ”と

聞けば、すぐに申し込み、参加して、

 

 

 

また別の会場で参加した際、

今度は“△▼▽のリーダーシップ講座の

評価がいいよ”と聞けば、

 

 

 

またすぐに申し込み、参加して、

このような事を絶え間なく、自分自身に多

額な投資を続けていましたが、

 

 

 

 

その当時は何も不思議に思いませんでしたし、

“継続は力なり”と思っていました。

 

 

 

 

 

また、最新ビジネス書や有名海外MBAスクール関連の

書籍を読破して、優越感・特別感・安心感にひったって、

 

 

 

今思えば必死で、“優秀な、有能な”

ビジネスマンを“演技”していたと思います。

 

そしてこの“セミナージプシー”傾向は、

心理学・心理療法を勉強し始めた時も全く同じでした。

 

 

はじめはNLP(神経言語プログラム)、

 

ゲシュタルト心理学、

 

ユング・フロイト関連(精神力動論)、

 

認知行動療法、

 

トランスパーソナル心理学、

 

アドラー心理学、

 

精神科医ヴィクトル・フランクなど

 

 

心理学専門書を買い漁って、

本棚に“飾って”いましたし、

 

 

 

(原文は難しくて理解できず、

途中で断念したものを多く含みます。)

 

 

有名な精神科医が執筆された本は全て購入して、

同じく本棚に“飾って”いました。

 

 

 

 

それと同時に、いろいろな心理講座を受講すれば、

受講生同士情報交換から、また新たな心理講座の情報を得て、

また参加する、上記の流れと全く同じで、絶え間なく続きました。

 

 

 

 

ごくありふれた心理学講座から少し怪しいスピリチュアル講座まで・・・・。

この頃には、金銭感覚が麻痺していたと思います。

 

 

そして、今現在、心理セッションをクライアント様に

提供している立場になってみて、

改めて思うことがあります。

 

 

 

それは、

人間としての“在り方:Beingが一番大切であるということを

痛切に思い知らされているということです。

 

 

 

上記のように、私は“権威付け”られた情報があれば、

クライアント様の課題・問題はすべて解決できると信じていました。

 

 

 

偉大な心理学者・精神科医の残した系統だった

学問・知識ですべて解決できると信じていました。

でも、実際には、難しいと感じています。

 

 

いくらカウンセリング中や心理セッション中に、

 

 

“あっ、それはオペラント条件付けを起こしてますよね”

 

 

とか“それは学習性無力感ですよね”とか、

 

 

クライアント様に提示したところで、

症状が好転する訳ではないです。

 

 

 

それよりも、カウンセリング、心理セッションの

最初から最後まで、一人の人間として

関わることが出来るか、ということが凄く大切だと思います。

 

 

 

知識・経験を重要視して、カウンセリング、

心理セッションを行うと、確かに記憶に残っている

過去のデータと照合が出来るので、

 

 

 

 

悩み・課題・問題のパターン・見立てを検討する

労力が大幅に削減できるメリットがあるように思います。

 

 

 

 

しかし、一旦、このパターン・見立てに当てはめて、

クライアント様を見てしまうと、それ以外の可能性を

見つけることが出来なくなってしまいます。

 

 

 

 

これが大きな失敗に導かれるメカニズムであると考えます。

場合によっては、とてつもなく見当違いになってしまうことがあります。

 

 

私が最初にやり始めた頃は、

知識・経験にかなり依った

セラピーになっていたと思います。

 

 

 

“うまくいかせたい”“結果を出したい”という

欲求から目の前のクライアント様を

 

 

 

見ているようで見ていなくて、

ひたすら記憶した知識・経験を“見ていました。”

 

 

 

ある程度の結果は出ましたが、

私の中では“何かが違う!?”

“何が自分には足りない!?”と

 

 

 

考えるようになり、試行錯誤の結果、

その問いの答えとして、今、私が最も大切にしているのが、

人間としての“在り方:Beingです。

 

 

 

 

心の課題・問題を持ったクライアント様、

心理セラピストには当然“解決”を期待して、悪くても、

 

 

 

 

“軽減”を期待していらっしゃるので、

もちろん心理セラピストにはプレッシャーが掛かる訳です。

 

 

 

ですから、始めた頃の私は、このプレッシャーを回避するために、

過去に記憶した知識・経験を思い出していましたし、

それに縛られていましたし、その事実に気付いていませんでした。

 

 

 

しかし、この状態でパフォーマンスはうまくいきません。

心理セッションをやっている最中は、

 

 

 

全ての先入観、情報をリセットして、

絶えず“新鮮な目”を持ってクライアント様に

共感して、

 

 

 

その時に最適である質問や

声掛けがクライアント様の変容を

手助けするのだと思います。

 

 

その時に最適な質問や声掛けが出来る、

つまり、過去に記憶した知識・経験で自らの

身を守らないようにするために

 

 

 

 

人間としての“在り方:Being”を

日々の日常生活を通じての修行の

積み重ねで高めていくしかないと考えています。

 

 

 

 

決して、一足飛びに人間としての

“在り方:Beingが身に付くものではないと思います。

 

 

 

 

日々、是、修行です。