すべてはVR:ヴァーチャル・リアリティー

今日、外出した際、滅多にのらない先頭車両に

乗ってみる気になったんです。

 

 

もちろん、先頭車両ですから、

一番前には運転手さんがいました。

 

 

そして今日は、その後ろの窓ガラスに、

まるで背後霊のように“ベッタリ”食い入るように、

 

 

操縦の一挙手一投足をマネしている

“鉄道ヲタク”のおじさんがいました。

とても夢中で、楽しそうでした。

 

 

 

 

この現代には映像技術が発達して、

VR:“ヴァーチャル・リアリティー”

疑似体験であるが、まるで本物と遜色ない体験が出来る技術)

なるものが考案されて、医療分野、服飾分野などを

 

 

はじめとして多くの分野で活用されて、

さらなる発展を遂げている途上であると思いますので、

機会を選べばかなり高品質疑似体験が出来るようになってきました。

 

 

10年ほど前は、

まだVR:“ヴァーチャル・リアリティー”が

それほど発達していなかったと思います。

 

 

その状況下で、“鉄道ヲタク”達は、

より実践に近い体験をしたくて、

車掌帽子、白い手袋、鉄道会社の制服を

 

 

 

着用して、鉄道博物館や交通科学館に

置いてあった運転シュミレーターに

 

 

夢中になったり、家庭用ゲームで電車運転体験ゲームが発売されると、

なるべく実物に近い運転用ハンドルに改造して楽しんでいた人達がいました。

 

 

そこまでして、“鉄道ヲタク”の皆さんが求めていたもの、

それは感情的経験により

 

 

快感・恍惚感などであり、感情(快感)回路を

形成しているのではないのか、と思うのです。

 

 

 

このVR:“ヴァーチャル・リアリティー”を利用して、

感情回路の形成強化をしているメカニズムが

盛んに現代社会には利用されていると考えます。

例えば

 

 

・映画:リアルタイムに発生していない映像を見て、感情が動かされる。登場人物に成りきる

 

・コスプレ:お目当てのキャラクターの服装、髪型、アイテムなどをマネして、成りきる

 

・服飾関連:人気俳優/女優が身に着けていたアイテムが売れて、街に同じアイテムを持って、成りきった人達が溢れる

 

 

・聖地巡礼ツアー:人気映画の撮影場所をめぐるツアー、そのシーンを回想して成りきる

 

 

このVR:“ヴァーチャル・リアリティー”を利用して、

感情回路の形成強化に関しては、心の悩みを持っている方々にも

作用していると思います。

 

 

 

ただ、心の悩みを持っている方々は、この感情回路を使って、

快感ではなく、恐怖心、悲しみ、怒り、嫉妬、恨みなどを

作り出していることが問題になったりします。

 

 

 

個人の持っているイメージや思考がその個人の行動や

感情を決めてしまったり、

 

 

その逆で、その行動や感情がイメージや思考を決めてしまったり、

 

 

 

 

イメージ・思考・感情・行動・欲求には密接に関連していて、

私達が知らない間に、行動や思考習慣に

大いに影響を与えていると思います。

 

 

 

そして、イメージ・思考・感情・行動・欲求を使って

自分自身の行動規範

 

行動規範とは、ある状況において、どのような言動が適切か、

行動するか・しないか・すべきか・すべきでないか、そして、そのような

言動の基になる望ましい または避けるべき人格特性の基準です。)は、

幼少期の成育環境で学習されると言われています。

 

 

例えば、小さい時に、長男/長女で、

/妹の面倒を見ていた時に、お父さん/お母さんから、

 

 

“しっかり者だ”“手間のかからない子だ”と褒められ、

/妹達のために、何かを我慢することで

 

 

お父さん/お母さんから、愛情/承認をもらっていた人は、

幼少期にこれらの体験を感度も何度も体験し、

 

 

 

感情回路の形成を強化し続けた結果、

成人した後でも無意識

(メカニズムを学習した時の登場人物とは異なっていて、VR:“ヴァーチャル・リアリティー”にもかかわらず)に、

 

 

我慢をし続けて、弱い立場の人達を助けないと気が済まない、

子供っぽい人を見るとムカつく、人前ではしゃげない“などの症状が現れ続けます。

 

 

そして、この症状のために、人間関係がしんどくなることもあります。

ただ、たとえしんどくなったとしても、当人はそのイメージ・思考・感情・行動・欲求の

メカニズムに自分が支配されていることに全く気付いていない状態です。

 

 

別の例示では、小さい時、両親ともに仕事が忙しくて、

滅多に構ってもらうことがなく、たまに家に帰ってきても“疲れているから”と言われて、

 

 

全く相手にされない状況が続いた人は、

幼少期にこれらの体験を感度も何度も体験し、

感情回路の形成を強化し続けた結果、

 

 

 

“私は存在する意味がない”“自信がない”

“大切な人は、必ず、私の前から去っていく”

“私は他人から蔑まれるべき存在、いじめられて当たり前”

“大人は信用できない”などの内部対話を当然もってしまいます。

 

 

 

 

そして、成人した後でも無意識

(メカニズムを学習した時の登場人物とは異なっていて、VR:“ヴァーチャル・リアリティー”にもかかわらず)に、

 

 

 

人と交流することを避ける、

私は嫌われ者だと自覚する、

自殺企図が止まらない、

自信がないなどの症状を持ってしまいします。

 

 

 

 

共通しているのは、

過去の幼少期の記憶情報(イメージ・思考・感情・行動・欲求)を

未来に貼り付けて、

現在、それを体験するというものです。

 

 

 

 

記憶情報は全てVR:“ヴァーチャル・リアリティー”であり、現在、起きていることではありません。

しかし、人間は過去に作成した感情回路が関連する記憶情報なのに、

都合が悪い身体反応や感情の起伏が生じることで、生き辛さを感じることがあります。

 

 

 

この記憶情報をビリーフと読んだり、プログラムと呼んだりしますが、

心理療法を用いることで、必ず、是正することが出来ます。

 

 

そして、私はあなたに、この是正する過程で、

本当のご自身に出会うということとはどういうことなのか、

本当の幸せとは、どういうことなのか、

 

 

 

意識的にご自身の人生を生きることとはどういうことなのか、気付ける機会を差し上げられます。

 

 

 

もし興味関心がありましたら、私にご相談くださいね。