公然と行われる学歴差別①

参議院選挙に際して、各候補者の演説をYou tubeで見ていました。

 

 

数ある演説の中で、気になったひとつが“れいわ新撰組”から比例代表公認候補である

安富 歩(あゆみ)さんのものでした。

 

 

安富さんの演説を複数見て、はじめに話されていたのは、

ご自身の名前の読み方を変えたことでした。

元々は歩(あゆむ)で、歩(あゆみ)に変えられたそうなんです。

 

 

なぜ、変えたのか!?というと、

 

 

歩(あゆむ)という名前はお母さんから叱られる時に、

ずっと使われてきた名前らしく、

 

 

今でも安富さんは歩(あゆむ)と呼ばれると、

怯えて、ドキッとするそうです。

 

 

 

 

 

歩(あゆみ)に変えたらドキッとしなくなったそうです。

そして、安富さんがご自身の経歴を紹介されて、

 

 

 

“京都大学経済学部に合格した時も、

東京大学東洋文化研究所教授になったときも、

日経・経済図書文化賞受賞が決まった時も、

 

 

 

全く嬉しくなく只々、ほっとしただけ”だったそうなんです。

 

 

“成果を上げなければ、生きていられない”

“合格しなければ、死ぬ”という恐怖心が

 

 

煽られることで、自分自身を駆り立て、

その恐怖心から常時、逃れるために

本心では全くやりたくない行動を

 

 

 

 

継続することが出来て、

その結果として、常人ではなかなか難しいとされる

目標を達成してきたと言っていました。

 

 

 

 

そして、安富さんの私見では、学歴エリート達は、

ほぼみんな上記でのべたような、

 

 

 

“成果を上げなければ、生きていられない”

“親からの期待に応え続けなければ、死んでしまう”など、

 

 

 

恐怖心を煽られ続けた結果として、今もなお、

“学歴エリートは、誰かに何かを言われると思って、怯えている”

“幼少期に感じた恐怖心が植え込まれている”と言っていました。

 

 

 

 

親からの虐待は、確かによく聞く物理的な暴力だけでなく、

言葉、仕草などの非言語情報も含まれ、子供達の理想・希望を

無視して、親達が望む方向に仕向けて行くことも該当すると

 

 

 

 

言っていて、いわゆる“恐怖を用いた支配”、は

私も強く同意する部分でもあります。

 

 

 

では、“なぜ、親達は、子供達の気持ちを無視してまで、

 

 

学歴エリートを育てようとするのか!?”ですが、

 

 

 

ここからは私の推察も含まれますが、

これは現在の日本でも公然と行われている

(親達は)学歴差別された経験をもつ

被害者であるからと思います。

 

 

有名進学校に行った人達は、有名大学に進み、

一流企業・上級公務員に就職して、その後、昇進する毎に、

昇給されて、

 

 

 

豪華な家に住み、

高級車を乗り回して、

高価な外食を楽しみ、優越感に浸りきることが出来ます。

 

 

 

また、そのイズム・ライフサイクルを自分たちの子供へと

引き継いていく、これが当たり前だと思い込んでいると思います。

 

 

どんな小さな劣等感でも、感じることが嫌で、

少しでも自分自身が勝っている部分を誇張表現する傾向にあると思います。

 

 

私には“学歴エリート”という概念を

強く信じている人達が上記プロセスを

 

 

肯定していると同時に、

学歴差別をされる側にまわりたくない

(劣等感を感じさせられるから)、

 

 

 

とても強い恐怖心が原動力で、つまりは学歴差別をする側にまわりたい

(ずっと優越感を感じさせてもらいたいから)という、

 

 

恐怖心・劣等感・優越感などの感情に支配されて、

全く無意識的に世代間連鎖を起こして、

今もなお“学歴エリート”を作成し続けているのだと思います。

 

 

 

 

 

 

この部分を聞いていて、私にも心当たりがあります。

私の両親は、学歴エリートではありませんでした。

 

 

父親は、中卒後、夜間高校卒、母親は中卒でした。

私が幼い頃からずっと父親から

 

 

“東証1部上場の会社に行け、そのためには大学にいけ”とよく言われたものでした。

両親ともに、“自分達は学歴がない”をいう呪縛に縛られていたのだと思います。

 

 

小学校の頃は、勉強がよく出来たので、両親から

“勉強しなさい”とか“テストで〇〇だけと、××しちゃいけない”などの

恐怖による支配は、受けた記憶がありません。

 

 

しかし、高校生活が始まった時に、地元の私塾(学習塾)に

通っていて、その塾長は、“無名校から有名大学に合格させる”ということを

生き甲斐にして、精力的に活動をされていました。

 

 

 

当時、私は高校進学をしましたが、良くもなく、悪くもない、

上から数えても、下から数えても同じ、平均的な高校でした。

そして、非言語化された両親からの期待(学歴エリートになれ、学歴差別される側になるな、する側になれ)と

塾長の生き甲斐に、ぴったり適合してしまった訳です。

 

 

そして、大学入学まで、高校生活3年間と浪人生活2年間、

合計5年間、紆余曲折、波乱万丈な受験勉強生活が

始まるなんて、この時は誰も予想だにしなかったのです。

 

 

 

 

次回に続く