“場”に、人間は育ててもらっている、影響を受けている!?

先日、友人に誘われて、関東屈指のパワースポットである“三峰神社”に参拝しました。

 

 

三峰神社は、元フィギュアスケート選手であった浅田舞さんが

妹の真央さんのために購入した“氣”という文字が掛かれた

 

 

白いお守りをもっていたことで、大活躍をされたという噂があって・・・・、

毎月1日のみ、この白の“氣”守りが販売されるということで

長蛇の列を作った、ということでも有名になった神社です。

 

(現在は周辺大渋滞のために、白の“氣”守りの販売は休止されています。)

 

 

 

 

 

私もその噂を聞いていましたが、

期待はせずに、まずは駐車場に到着。

 

 

 

拝殿は、標高1,100mに鎮座しているので、

駐車場からも少し小高い丘を登っていくイメージです。

 

 

駐車場から拝殿に向かって、参道を上っていくと、

身体に感じる感覚が変化していくことに気が付きました。

 

 

 

 

だんだん、身体が軽くなっていく感じ、

“ふぁ~って”重さを感じる身体が浮き上がっていて、

唯一、地面と足が接触している感覚、を感じていました。

 

 

 

 

そして、拝殿がある境内に到着した頃には、

とても強いエネルギーと繋がれている感じがしていて、

 

 

“万能感”、堅固に守られている感覚がして、

とても清々しく、心地よい感じでした。

 

 

私自身は、1/1か月ほどいろいろな神社に参拝しますし、

境内にいる時の“静寂観”“凛として感じ”は、

以前にも感じていましたが、今回の三峰神社が別格に感じました。

 

 

そして、同時に、この三峰神社で感じる感覚は、

魔物であると思いました。

 

 

 

皆、

“幸せになりたい”

“お金持ちに成りたい”

“健康で居たい”

“願望を叶えたい”などの欲望を

持つわけですが、

 

それに叶えることが出来るだけの

“氣”であったと思います。

 

 

 

ですから、この“氣”が途切れることを

不安に思ってしまって、

“過剰な信仰心を持ってしまう”

“過剰に、お守り、お護摩、ご祈祷を集めて、

自分の人生を全てそれらに依存してしまう”などの

現象を自分自身でも過去体験しましたし、

 

 

 

“守られたい”

“傷つきたくない”

“幸せになりたい”

“健康でいたい”などの思いが

 

強すぎて、無意識的に生きさせられて、

どっぷり霊性世界(スピリチュアリティ)にはまっていく人達も

沢山見てきましたし、私もその一人です。

 

 

 

 

多くの方々が、無意識的に、

“快・不快の法則”:不快を避けて、快を選んでしまう、

ことをやってしまいます。

 

 

 

これは、

自分自身の不全感・空虚感によるところが

大きいと思います。

 

だから、

“全てがある感覚”

“万能感”に繋がれていることは、

とても“快”であるのだと思います。

 

この神社参拝の事例以外にも、

私は元々モーレツサラリーマンをやっていました。

 

 

 

自己啓発セミナーによく参加していましたし、

自己啓発本も読み漁っていたと思います。

 

 

 

 

当時、週末は池袋にあるジュンク堂書店

(座り読みコーナー設置した草分け的存在)の

ビジネス書コーナーに居て、新刊本を眺めて、

 

 

めぼしい本をピックアップして、内容を確かめている、

その状態にいる自分自身を感じるだけで、

 

“優秀であること”

“出来る人であること”

として、

承認された感覚を得ていたと思います。

 

 

 

 

全く、

無意識的に、不全感、

できない自分を認めることが怖くて、

その恐怖心から逃れるために、

 

 

 

 

ひたすら知識の収集ができる環境に

身を置いている時に、

 

“満たされている感じ”

“万能感”を

感じることができたのだと思います。

 

 

 

しかし、神社の事例にしても、

ジュンク堂書店の事例にしても、

その“場”にいることで、

 

 

 

一時的に、“不全感”から解放されているだけで、

自分自身はなんら変化していない。

 

 

 

自身の人生を振り返った時に、

むしろ、

どうしようもない

絶望、

失意、

落胆、

激怒

 

などを

乗り越えた時のみ感じる感覚こそが

本当に必要なものであると気が付き始めています。

 

 

 

自分が属する共同体(家族・会社・学校・地域・都道府県・日本など)において、

自分自身は、無意識的に進化させられていくのだと思います。

 

 

 

しかし、それは自分自身で意識的に努力した結果ではなく、

無意識的になって流された結果、生じたものです。

 

 

 

ですので、意識的に自分自身を作り変えていくためには、

“快”な環境ではなく、“不快”な環境とその環境に

敢えて取り組む姿勢・決意が必要になると思います。

 

 

 

とても過酷で、厳しい環境、

よく回避しがちな環境こそが人間を意識的、

大きく成長させてくれると信じています。

 

 

 

 

 

ある“場”に身を置いた際、

その“場”の影響を良きにつけ、

悪しきにつけ、少なからず、人間は受けます。

 

 

 

 

その時に、無意識的に流されて、

その“場”と同一化することで、

快・不快の法則に支配されて生きるのか、

意識的に生きて、快・不快の法則に縛られずいるかは、

自分次第であると思います。

 

 

 

 

無意識的に育てられるのか、

意識的に自分を育てていくのか、

 

その“場”は使い方次第であるということを

 

 

自分自身に戒めるため、そして

心理療法を通じて、クライアントに伝えるために書きました。