正当防衛なのか、過剰防衛なのか!?

 

最近、よく目にする記事が、“新型コロナウィルスによる肺炎”に

関するものがあります。

 

 

中国を中心に感染が拡大しており、都市:武漢を完全閉鎖したり、

空港・鉄道・フェリーなどの交通機関が運行を全て停止したり、

 

 

 

中国政府は海外旅行を事実上禁止にしたり、

WHO(世界保健機構)も対策追われている状況下にあります。

 

 

 

そして、210日現在、中国の感染死亡者数が908人、

中国国内の患者の数は40,171人(厚生労働省ホームページ参照)となり、

新型コロナウィルスが猛威を振るっている様子が伺い知れます。

 

 

 

この情報に呼応するように、

表面化しているのが“誇大妄想による風評被害”であると感じます。

 

 

 

確かに、ウィルス感染の可能性があるので、

中国;武漢渡航が禁止されることは理解できますが、

 

 

日本で感染者が入院した職員の子供や感染陽性が見つかった、

中国旅行者が宿泊していたホテルの従業員に対して、

 

 

 

“うつさないでね”“近寄るな!”“ばい菌マン”など

心無い言葉でいじめが発生していたり、

差別されたりしている現状がある訳です。

 

 

 

 

アメリカではアジア系の学生の出席拒否を求める署名活動が起きたり、

イタリア;トレビの泉の近くにある飲食店では、中国人の来店拒否する

 

 

 

貼り紙が掲示されたり、欧米では予防措置を実施しているようですが、

“アジア系に対する人種差別”であるとも報道されています。

 

先日、昼下がりの混んでいない電車に乗っていたら、

母子連れが乗ってきました。

 

子供が手すりに触ろうとすると、

 

お母さん:“そんなところ、触っちゃダメ!”って、

凄い剣幕で怒っていました。怒られた子供が、

子供:“・・・・なんで、・・・・・(お母さんに向かって)

コロナウィルスうつるから!?”

 

お母さん:“(唇に人差し指をあてて)シィー(静かに!)”

という光景を目にしました。

 

 

 

実際に、中国でウィルス感染症が起きているのは事実ですが、

 

 

“自分も感染して、体調が悪くなったら・・・・!?”

“感染して、肺炎になって、呼吸できなくなったら、きっと苦しい!?”などの

 

 

誇大妄想/予期不安つまり恐怖心から防衛本能が作動して、

そう考え始めると、周囲の事物が全て感染源に見えて、

 

“自らの身は、自ら守るしかない”という強迫観念からの

行動であると思います。

 

 

そして、考えさせられることが、これらの反応/行動が“正当防衛”なのか、

“過剰防衛”なのか、ということです。

 

感染症による死亡例を見て、

適切に恐怖心を持って、

適切に予防することは大切だと思います。

 

 

 

しかし、時に、防衛本能は、我々の日常生活に

“過剰防衛”な反応を作り出していると私は思います。

 

 

 

そしてまた同時に、“正当防衛”であるとも私は感じます。

 

 

 

“正当防衛”をやっていると思っている人達から見れば、

“過剰防衛”をやっている人達は“超”過剰であると見えるでしょうし、

 

 

 

“過剰防衛”をやっている人達は、自分達が“過剰防衛”を

やっているなんて気が付いていないと思います。

 

 

 

その方々、それぞれが持っている世の中を見る時に使っている

“フィルター”の違いによって、そして、自分自身が

 

創り出した自分自身を安心・安全にするための思考回路が、

発生した1つの現象を全く違うものに解釈されていると思われます。

 

 

毎日、“新型コロナウィルス”関連のニュースが更新されて、

“感染者○○人、死亡者××人、〇×で感染者が確認されました、

 

 

日本でも感染者が・・・・・・。中国政府は・・・・”などの

情報をTVSNS、ネットTVなどで数多く遭遇していると、

情報が飽和した“過剰”状態が作り出されている感じがしています。

 

 

 

 

そして、そのニュースを見聞きした人達が“過剰”な防衛手段を選択し、

その“過剰防衛”手段が功を奏したら、成功体験の記憶として、

今後もその“フィルター”“思考回路”が使い続けられると思われます。

 

 

 

全く、“人間”って意識的に生きていないですよね。

 

 

 

でも、逆説的に言えば、

意識的に生きるということは、

 

 

洪水のように情報の濁流の中から

自分にとって必要な情報を意識的に選択して、

 

その情報に流されるのではなく、

その情報を使える状態であると思いますので、

前提条件である洪水のような情報の濁流は必要条件であると思います。

 

 

これによって、流されるのか、自分に活かすのか、

いつでも心掛けたいのは、意識的に生きて、冷静であること、

これは自分次第であると思いました。