3.11 東日本大震災をふりかえり “他人のため、利他に生きるとは!?”

今、新型コロナウイルス騒動があまりにも凄いので、あまり報道されていませんが、

私個人的に東日本大震災を忘れることが出来ません。刻銘な記憶としてあります。

 

 

 

その日は仕事で、岩手県盛岡市にある県立病院の

地下1階のカテーテル検査室にいました。

 

 

 

 

そして、144618秒に断続的な揺れから、

非常に強い横揺れを経験しました。

なかなかその揺れは収まりませんでした。

 

その瞬間、病院では一時的に停電になりましたが、

すぐに非常用電源に切り替えられ、

 

 

 

病院関係者の方々から、

“病棟患者に集中して!”

“検査は途中でも終えてください!”

 

 

 

という御達しがあり、行われていた

検査がその時点で終了したので、

私は病院を後にして定宿に向かいました。

 

 

 

その時、盛岡市繁華街が異様に暗く、

人々の行き来はなく、コンビニも営業をしていましたが、

会計を電卓でやっていた光景が今でも印象的に記憶に残っています。

 

 

それで定宿につき、フロントの方に、

“今、水道、電気、ガス全て止まっているので、

とてもお客様をお泊めできる客室ではありません。

 

 

 

ただ、2F大広間は、開放しておりますので、

良かったら休んで行ってください”と言われましたが、

この時、私はまだ“未曽有の大災害”に

 

巻き込まれていることを全く理解していない状態でした。

 

 

 

そして、外気温が-5℃で寒かったので、定宿の2Fで真っ暗な中、

東北エリア駐在の同じチームメンバーに電話をして、

30回ほど掛けてやっと1回通じて、

事情をお話しして営業車で助けに来てもらいました。

 


彼は秋田県で活動をしていたそうで、ひとまず彼の自宅がある仙台に向かいました。

 

 

その時、既に高速道路は封鎖されていて、

下道を走っていましたが、

 

県内ほとんどのエリアが停電したので、

真っ暗の中、ふと空を見上げるとやたら

星が綺麗だったことも覚えています。

 

 

 

 

その後、仙台市内で、

3日間ほど復興活動を手伝っていたところ、

 

山形のチームメンバーに出会って、

“山形では電気が回復していて、

ビジネスホテルはなんとか営業しているよ”と伺って、

営業車に同乗させてもらい、山形に向かいました。

 

 

そしてまた山形の復興物資が集められた場所で

その活動をお手伝いしていたら、

新潟のチームメンバーに出会いました。

 

 

“新潟では、電気・ガス・水道はもとに戻っていて、

ホテルも宿泊予約とりますから新潟に行きましょう。

新潟新幹線の運行は通常の1/3程度ですが、東京に帰れると思いますよ。”

と言われて、新潟のビジネスホテルに

 

 

たどり着いた頃には“勢も根も尽き果てた”状態で、

被災してから7日目に東京の自宅に帰り着きました。

 

 

もしあの時、東北エリア駐在員と連絡が取れなかったら、

もしあの時、山形チームメンバーと出会っていなかったら、

もしあの時、新潟チームメンバーに出会っていなかったら、

 

 

 

これ以外にも、大惨事の中で、

本当に大変なのはご自身であるにも関わらず、

2F大広間を解放してくれた上で、

 

 

非常用のお米でおにぎり、お味噌汁を作って

振る舞って下さったホテルスタッフの皆さん、

 

改めて振り返って、

“他人のために、利他の精神で”って

どういうことなのか、を考えさせられます。

 

 

 

私は今、現在、心理セラピストとして活動していますが、

有難いことにクライアント様から“命の恩人”的なお礼を頂きます。

 

 

 

その際、“良かったですね”と申し上げて、

そのことはすぐ忘れるようにしています

 

なぜならば、私の行動が無意識的に

条件付けられることを防ぐためです。

 

 

つまり、クライアント様から褒められるため、

認められるために、心理セラピーを提供する、

という構図が出来ないようにするためです。

 

 

私自身は“大切だから、

重要だと思う”から、流されて生きてしまった

(無意識的に生きてしまった)結果、

 

 

 

生き苦しい、生き辛さを感じている人達に

関わって、勇気付け、元気づけること、

 

 

 

そして、その経験から“本当の幸せ”といわれるものは、

“自分の外側(地位・役職・名声・評判・お金・高級嗜好品など)にはない”という

気付きを自らの力で得ることは、

 

 

 

至上の幸せであることを体験・経験してもらうために

心理セラピーを提供しています。

 

 

そのクライアント様の気付き以上に、

人生を生きる上で、大切なものはないと確信できるからです。

 

 

私はクライアント様のことを“かわいそうな人”なんて思ったことは

ほとんどありません。

 

 

 

 

なぜなら、“クライアント様をかわいそうな人だ”と思って

接すると、それを救ってあげるセラピスト(優性)、

かわいそうなクライアント(劣性)で、

 

 

優劣が出来上がってしまい、

共依存の関係が出来あがってしまうと、

 

 

本来の目的である“クライアント様が自立して、

ひとりで人生を歩む”ことの弊害になってしまうからです。

 

 

 

 

 

私も含めて、人生を真剣に生きていれば、

絶対に荒波に襲われます。

 

 

それが原因で、

 

失望したり、

絶望したり、

生きる気力が無くなったり、

 

本当に感情が翻弄されると思います。

 

でも、それら全ての工程が上記した

(“本当の幸せ”といわれるものは、“自分の外側にはない”

という気付きを自らの力で得ることは、至上の幸せである)

 

 

 

前提ことを理解してもらうことが、

私が心理セラピーを提供する上で

最も心掛けている“他人のために、利他の精神で”であると思います。

 

 

 

自分の魂のミッション

“流されて生きてしまった(無意識的に生きてしまった)結果、

生き苦しい、生き辛さを感じている人達に関わって、

勇気付け、元気づけること”に従って、心理セラピスト活動を続けていきたいと思います。