不安な気持ちの活かし方

 

新型コロナウイルスの猛威のピークがまだ訪れずに、

いつまで続くのか、とても不安な気持ちが

あると思います。

 

 

“緊急事態宣言”の発令、休業要請、

外出自粛など今までに経験した

 

 

ことのないことが、今、まさに

発生していますから、未知なるものに対して、

 

 

ご自身が不安な気持ちになること自体、

やむを得ないことだと思います。

 

 

 

この“不安な気持ち”が様々な弊害を

引き起こしていることも周知の事実だと思います、

 

 

例えば、日用品の買い占め行為、

特にマスクの売り切れ・品薄、

 

 

トイレットペーパーなどの紙製品の品薄、

悪質な転売行為、またはさらに

 

 

この“不安な気持ち”を煽るデマ情報の乱流、

このデマ情報に便乗しての商品販売、

 

 

 

 

 

 

その当事者間での誹謗中傷・争い、そして

この“不安な気持ち”がストレスとなって、

 

家庭では家庭内暴力(DV)発生が

急増していることを聞くと心が痛みます。

 

 

今、地球全体で大きな流れみたいなものがあり、

その流れの中にみんな居る訳ですが、

 

 

ある人は流れに飲み込まれて、

全く自分自身を見失っている状態で、

 

 

“溺れる者は藁をもつかむ”で、

少しでも自分を守るための情報があれば、

その情報が示す通りに行動を起こしてしまう。

 

 

 

そして、また新たな情報やさらに良さそうな

情報が見つかれば、迷いなくその情報通りに、

 

 

流されて行動してしまう。

意識的な行動が出来なくなってしまっている。

 

 

“不安な気持ち”(恐怖心)を回避するためなら、

手段を選ばない。これを繰り返している方々が

多いと感じるのは私だけではないと思います。

 

それでは、“この状況をいかに受け止めるのか!?”、

多くの心理カウンセラー・セラピストは、

 

 

癒しのメッセージ、勇気付けのメッセージを

SNSに投稿されていたのかもしれません。

そのメッセージによって、気分が楽になった人達も

多くいるかもしれませんね。

 

 

 

ですから、私は敢えて全く反対の切り口から申し上げたいと思います。

それは、“この大きな恐怖を煽る流れこそ、

 

 

自らの意思力を鍛えるために、必要である”という事です。

つまり、“不安な気持ち”(恐怖心)に煽られてしまうことは

とても簡単に発生してしまいます。

 

 

無意識的に、エゴ的に、自己保存欲求のままに生きればいい訳です。

でも、これでは益々、流されて生きてしまい、終いには“流されている”事さえ

気づかなくなってしまいます。

 

 

ですから、自分自身の意思を行使して、自分自身の

人生を生きるためには、“不安な気持ち”(恐怖心):回避したくなるほどの

 

 

不快な時間を自らの意思の力で、嫌だけど、

怖いけど、やってみた時だけ、自分自身の意思を

使っているという事になります。

 

 

ご自身の経験を遡ってみてください。

きっと、過去、ご自身の実力が付いたなぁ、と感じるのは、

無我夢中になって取り組んだ時か嫌だけど取り組んだ時だと思います。

 

 

ですので、まずは少しづつでいいので、

“嫌だなぁ”と思う事、

 

 

例えば、毎朝600に起きて、散歩する、

エスカレーター・エレベーターを使わず、階段を使う、

毎日、〇〇:00から腕立て・スクワットなどやるとか、

 

 

開始時間を決めてやることがいいですね。

 

 

 

 

 

少しの負荷でいいのでやってみると、だんだん意識的になって、

流されていない自分自身に出会えると思います。

 

 

ほんの少しの事ですが、効果は絶大ですよ。

私は経験済みです。

 

 

今までのところをまとめると、

人間は快・不快の法則で生きていると、

 

 

自己保存(エゴ)をするために

最善を尽くしてしまう。

 

 

しかし、そのプロセスは、

無意識的に行われていて、

自らの意思を使って生きた訳ではない。

 

 

ですから、自らの意思を鍛えるため、

意識的に生きるためには、

とてつもない逆流が必要であり、

 

 

今回の騒動は我々、人間の意思をより

意識的にするために存在してくれている、

と考えることができれば、

 

 

このコロナ騒動にも感謝できるのではないか、

と私を考えます。