不自由だなぁ・・・

新型コロナウイルスの影響のため、

“緊急事態宣言”が発令されて、

 

 

外出自粛やソーシャルディスタンスを

保持して、“3密”を回避するなどが

言われています。

 

 

私はやむを得ずの外出する時に、

よくマスク着用を忘れてしまうことが

あります。

 

この際に感じたことで、

今回は“自由・不自由”について、

書いてみたいと思います。

 

 

今、私は街中で、マスクを着用していないと、

“責められている感覚”;

他人の目線を感じながら、

 

”うつさないでよね!!“

”非常識な奴!“のような

言葉が出てきます。

 

そして、逆の立場になって、

私がマスクを着用していて、

着用していない人達や

 

 

 

3密“を守っていない人達を見ていると、

私の内面には、”嫌悪感“や”軽蔑心“

がありました。

 

 

私のなかには、

”マスクを着用している事が

外出する時の最低条件である

 

というルールが出来てしまっていて、

いつの間にか支配されていることに

気付きました。

 

マスクが重要アイテムになっており、

“着用あり”と“着用なし”では、

 

 

正義と悪、被害者と加害者の

ような雲泥の差を感じていました。

 

 

たったマスク1枚だけで、

そう感じている自分自身に驚きました。

 

 

自分の思考・感情を乗っ取られていて、

全く不自由であると思います。

 

 

外出自粛と“3密回避”;

人と会う事を避けよう、と

 

 

一種の心理的な抑圧状態

(不自由な状態)になっている

と感じます。

 

 

人間は抑圧されると、

反対である“自由”な状態を

求めようとします。

 

 

抑圧されている状態は、

やはり心理的にストレスが

 

 

掛かるので、このストレスを

罵詈雑言に変換して、SNS上での

 

 

誹謗中傷や家庭内DVなどが

発生してしまった、と報道されていました。

 

 

不安・ストレスから

全く不自由であると思います。

 

 

このコロナ騒動中の

買い物についても、

マスクについては相変わらず

売り切れ状態が続き、

 

 

紙製品

(ティッシュペーパー・紙おむつ・

生理用品など)の

報道がされれば、

 

その品物が売り切れ、

今後の見通しが不明であると

 

 

報道されれば、レトルト食品・缶詰・

インスタント食品などが売り切れる。

 

 

買い物行為は、依存症を産み出すほど、

ストレス解消になりますので、

コロナ騒動の不安を感じている

 

 

人達にとっては、一時的ではありますが

ストレス回避行動になります。

 

 

この状態もまた不安・ストレスから

全く不自由であると思います。

 

 

このような、いわば究極の機会に

巡り合ってみて、人間にとっての

“本当の自由”とは

どのような状態なのか、

ということについて、

 

 

今までも、

私の職業が

心理セラピスト・カウンセラーなので、

 

 

クライアント様とお話していると

考えさせられましたが、

今、絶好の機会であると感じています。

 

 

上記でお話させて頂きました

(マスク着用・抑圧/自由・買い物)

ように、外部情報が入力される

 

 

ことによって、感情・思考が刺激されて、

エゴ(自己保存欲求)から

 

 

行動を誘発させられてしまっている時、

自らの意思ではなく、不安の回避行動が

 

 

動機付けになってしまっているので、

全く不自由であると思う訳です。

 

 

では、私が問題提起をさせて

頂いている“本当の自由”とは、

どんな状態をイメージされますか?

 

 

 

 

自分が思い通りに、

“住居・食事・衣服”が

提供されていて、

“お金”に一切不自由せず、

 

 

“地位・名誉・評判・名声など”を

十二分に持っていて、

“容姿・立振る舞い”も完璧で、

何事にも申し分ない状態で在って、

その中で人生を送ることこそが

自由なのでしょうか!?

 

 

おそらく、外部環境をいくら完璧と言われるまで、

整えても、恒久的に“自由”であると

感じることはないと思います。

 

 

なぜなら、

“自由はあなたの外側にはなく、

内側にあるからです。”

 

 

人間であれば、全ての方々に、

当てはまると思います。

 

 

 

政治家でも、会社員でも、

主婦でも、学生でも、事業家でも、

 

 

芸術家でも、個人事業主でも、

例外なく当てはまると思います。

 

 

 

自分自身の中にある何ものか

に対する執着心を全て手放せた時に、

“不自由さ”というものはなくなると思います。

 

 

人間にとって、

“完全な自由な世界”が

存在するのではなくて、

 

 

今、現実社会で生きている

“この不自由な世界”にしか、

 

自由は存在しない

ということだと思います。

 

 

シンガーソングライター長渕 剛さんの曲で、

Stay dream”という曲があります。

その歌詞で“尽きせぬ自由は、

がんじがらめの不自由さの中にある”

表現されています。

 

 

経験したことがある人だからこそ、

表現出来るのだと思います。

 

まさに、その通りだと思います。