コロナ騒動中でもホス狂い~前編

東京都はコロナ事案について、

6120時から

 

ロードマップをステップ3

移行しました。

 

 

そのような中で、

新宿・歌舞伎町で

 

集団感染が

確認されました。

 

 

12人が同じホストクラブの

従業員だったということです。

 

 

 

その後の歌舞伎町は、

「歌舞伎町一番街」入り口

 

周辺は人がまばらなものの、

人気ホストクラブが並ぶ

 

通称「ホスト通り」では、

冒頭のようにコロナ禍以前と

 

そう変わらない光景が繰り

広げられていたそうです。

 

 

 

緊急事態宣言発令後、

キャバクラやスナックなど、

 

男性が通う「夜の店」は軒並み

休業状態でしたが、

 

 

あるホストクラブ関係者は

 

「うちは看板を暗くして

営業しています」と

 

 

声を潜め、この店のように、

外からはわからないように

 

 

営業を続けたホストクラブは

多いのだそうです。

 

 

それは「感染してもいいから

ホストクラブに通い続けたい」という

女性たちがいるからです。

 

Webニュースから抜粋、
~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

 

マユミさん(仮名)は、

緊急事態宣言が出てからも

 

 

歌舞伎町に通い続けて、

“こんな時だからこそ、

 

 

担当ホストを助けて

あげなきゃいけない”と

思ったんです。

 

 

普段だったら、

私よりお金を使う

 

 

“姫(ホストクラブに通う客)”も、

私より綺麗で華やかな

姫もたくさんいる。

 

でも、彼女たちは感染を

避けてお店に来なくなる。

 

 

そんな中で私が頑張れば、

担当ホストにとって

特別になれると思ったんです。

 

 

110万円いかないくらいを

目処に、とにかくたくさん

通えるよう頑張った。

 


“担当ホストから

『オレのために頑張って

くれてありがとう。

 

 

 

 

こういう大変なときに

助けてくれるのが

 

 

“本当の姫”なんだよ』と

言われたときは、

涙が出ました。

 

感染することは怖くありません。

感染も厭わないという

 

 

覚悟を持って担当ホストに

会いに行っていますから」

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

 

 

これは、コロナ騒動で

浮き彫りになった、

 

 

ホス狂い

ホストクラブ通いに狂っている女性)の

実態の一面。

 

 

新型コロナウイルス感染の

危険性があるが、

 

 

むしろその環境は彼女達を

燃え上がらせた結果となって、

 

 

コロナでむしろ売上げが

上がった店舗もあったそうです。

 

 

 

なぜ、このようなことが

発生するのか、私は

 

 

依存症専門カウンセラーでも

あるので、少し考えてみました。

 

今回、コロナ騒動によって、

“ホス狂い”

(ホストクラブ通いに狂っている女性)

 

 

一部が公にされましたが、

私はこの“ホス狂い”の女性達は、

 

 

ある意味人間関係依存で、

常に空虚感を感じていると考えます。

 

 

担当ホスト達は、

短い時間かもしれないけれど、

 

 

非現実的な空間、

 

身だしなみがきっちりした

いわゆるイケメンホストからの

 

 

 

御姫様級のエスコート、

 

超絶楽しい会話、

 

最上級の顧客満足を

狙った接客をお客様に

 

 

提供する対価として、

高額な報酬を得る訳ですが、

 

わざわざホストクラブに“通う”ということは、

旦那様や彼氏などの男性には

 

 

できない付加価値をホスト達は

提供していると想定できます。

 

 

ホストクラブを純粋に

楽しむ女性ではなく、

 

 

“ホス狂い”となる女性達は、

おそらく、(無意識的に)

 

 

自己重要感/肯定感が低く、

いつも頑張っていないと

 

 

ダメな感じがしていて、

信頼/信用している人が

ほぼいない。

 

さらに、(無意識的に)酷くなると、

生きていること自体に意味を

 

 

見出すことが出来ず、

 

生きることが辛い、

 

消えてなくなりたい、

 

居なくなりたい、

 

と思っているかもしれません。

 

 

高額なお金さえ払えば、

幻想かもしれないけれど、

 

 

“担当ホストとの関係性”を

維持することができる、

 

 

お金さえ払っていれば、

“もう見捨てられることない”と

 

 

 

思える依存的関係性

なんだと思います。

 

“ホス狂い”の女性達は、

最初は1回に数万~数十万円ほど

使うところから始まり、

 

 

無意識的な欲求;

 

私を無条件に受け入れて欲しい、

 

私の存在を認めて欲しい、

 

私が“生きてていい”と認めて欲しい、

 

私を大切に扱って欲しい

 

 

などが満たされていく

実感があった時に、

 

 

終いには、

1回に100万円~200万円を

 

 

担当ホストに貢ぐようになり、

ごく普通の昼職では

 

 

まかないきれなくなり、

夜職や性風俗で働くということが

常態化しているようです。

 

では、なぜ、

そのような“ホス狂い”の

 

 

女性達が“作り上げられる”のか、

という疑問がありますが、

 

私の関わったクライアント様の

事例を基に説明したいと思います。

 

 

なお、この事例公開については、

ご本人の同意を頂いていることは

 

もちろんですが、プライバシーに

配慮して再構成したものであり、

特定のケースとは無関係です。

 

次号へつづく