あるがままに見る・・・って

世の中には、人が人をパターン化して

見る、先入観を持って見る、

ことが結構よく行われています。

 

 

 

身近なケースで言えば、

例えばABO式血液型で

 

 

性格傾向がわかるとか、とかなど

皆さんお目にかかった事ありませんか?

 

 

 

心理学にも、人間のタイプ分類があり、

生年月日を基にいろいろな

 

 

タイプに分類されたり、

特徴的な行動・思想によって、

 

 

〇×タイプ(型)と

分類されたりします。

 

 

一見、とても便利な道具であると

思いますが、私は過去に、

 

 

道具を使うのではなく、

道具に使われていた

経験がありました。

 

 

関わる人達をあるがままに

見れなくなるという経験です。

 

 

心理セラピー/カウンセリングを

する際、注意事項の

ひとつとして、

 

 

“クライアントをあるが

ままに見る”という

 

 

ことがあります。

 

 

これは、セラピスト/カウンセラーに

なりたいという方々が

 

 

養成講座などに通われても、

どこの講座でもいわれるほど

 

 

当たり前のことなんですが、

実際に出来ているか

 

 

どうかとなると、

かなり難しいと感じています。

 

 

上述したパターン化して、

先入観を持って人を

 

 

見てしまうことって本当に

日常生活の様々なシーンで

行われていますよね。

 

 

では、パターン化、先入観の

基になっているもの、判断する

 

 

基準になっているものは何か、

という疑問が湧いてきます。

 

それは、“過去の記憶”です。

 

 

例えば、

 

 

“男前、美人は性格が悪い”とか

 

 

“大切な人は、必ず私の前から

去っていく”などの

 

 

 

パターン/先入観を

持っている人達がいます。

 

 

そのような方々は、間違いなく、

過去に、恋愛で男前/美人に

 

 

物理的にも、精神的にも

振り回された経験があり、

 

 

もう人間の外見で交際対象か

どうかを決めるべきではない、

 

 

と思っている、そして、過去に、

大切な局面で、信頼していた人が

 

 

ここぞという大切な時に、

前から居なくなったという

 

 

経験をされている方々で

あると思われます。

 

 

過去の強烈な感情体験を

伴う記憶情報がパターン/先入観を

 

作ってしまうという訳です。

 

 

この特性は、一面では、人間がより

安全に生活するためには、とても便利な

機能であると思います。

 

 

 

過去、対人関係において、

恋愛関係において、とてもココロが

傷つけられた、

 

 

それが基で大号泣をした、

 

それが基で眠れなくなった、

 

それが基でごはんが

食べられなくなった様な

 

 

経験をすると、

 

そんな辛い目に、

悲しい目に、

怖い目に、

 

 

二度と会いたくないという

防衛本能から人間が

 

パターン/先入観を

作り上げていきます。

 

 

そして、このパターン/先入観を

作り上げたことは、それを使っている

 

 

人間は一切気が付いていない

状態なんです。

 

 

そして、このようなパターン/先入観は、

本当に数え切れないほどの数あり、

 

それぞれが作り上げた人間を

守っていて、守られている

 

 

人間は、守られている事に

一切気が付いていない

状態な訳です。

 

 

この状態は異常な状態ではなく、

誰でも当然のように

この状態になっています。

 

 

ですから、上述したように、

“私は過去に、道具を

 

 

使うのではなく、道具に

使われていた経験がありました”

 

 

ということは、作り上げられた

安全装置であるパターン/先入観に

 

 

全く気が付いていない

状態でしたから、

 

 

“若い奴は、他力本願だから嫌い”

 

とか

 

“チャラ男は、約束を守らない”

 

とか

 

“美人は、自分勝手だ”

 

 

などのパターン/先入観に

感情を動かされる訳ですから、

 

 

ありのままに相手をみること、

パターン化せず、先入観を持たずに

 

 

相手をみることは出来て

いなかったと思います。

 

 

上述したように、パターン/先入観は、

全て自らの強い感情体験と

 

 

共にある記憶情報で

出来上がっています。

 

 

ですから、

 

 

反応しているのは

自分自身であり、相手には

 

 

何も良いものでもないし、

悪いものでもないという

 

 

理解に達することが、

 

“相手をあるがままに見る”

に相当します。

 

 

つまり、自分の苦しめている

悩み/問題は、全て過去の

 

 

記憶であって、対象者とみていた

相手は、何も悪い事はないと

 

 

気が付けた時、もっと楽に

生きることができます。

 

 

 

“あるがままに見る”言葉に

してしまえば、短く、単純

 

 

な言葉ですが、実際に、

体得するまでにはかなりの

 

 

経験が必要ですね。

 

 

 

まずは、人間、ほとんどの時間、

物事、周囲の人達を

 

 

ありのままに見ることは

出来ていない、という

理解から始まります。

 

 

ひとりで出来ないという方は、

是非、私に相談してください。

 

 

 

あなたの勇気をお待ちしています。