決めてみる

 

昨日はキングコング 西野亮廣さんが主宰である“世界一楽しい学校”サーカスに参加してきました。

 

 

サーカス:SA-CUSとは、キングコング 西野 亮廣が校長となり、面白い先生ばかりが集まる学校。

勉強の楽しさを大人に再認識してもらうためのイベントです。

 

お笑い芸人をはじめ評論家や本物の学校の先生まで、話術に長けた先生方が、

面白いテーマについて授業を行います。コンセプトは「世界一楽しい学校」です。

 

 

この時流の中で、“自分らしさ”を徹底的に追及して、ある意味、時流に逆らう形で、

 

ご自身なりの表現方法で情報を発信している4名の登壇者のお話がきけました。

 

そのお話しは、登壇者全員、興味深いものであり、様々な気付きを得ることが出来ました。

 

 

もともとは、一度は倒産しかけたOWNDAYS(メガネ・サングラス)の田中修治社長が

 

キングコング 西野 亮廣さんに、

 

 

2000人規模でサーカスをやってみないか!?”って、ノリで、一年前ほどにお話しをしていたことが現実化したそうです。

 

 

そして、私に最も響いた言葉が“決めてみる”ということでした。これは登壇者全員のお話しの一部に含まれていたと思います。

 

 

 

2000人規模のイベントを成功させる”と決めてみる

 

“月面着陸(アポロ計画)成功”と決めてみる

 

 

 

 

 

上記、2つは言った瞬間、周囲のほとんどの人達が鼻で笑っていたこと、呆れて無反応だったこと、かもしれません。
(そんなこと、無理、不可能に決まってるじゃないか!!;一般常識とは、正義とは

 

 

しかし、西野さんとOWNDAYS田中社長は、“やると決めた”、そして実現した。

 

 

当時のJFケネディ大統領は、10兆円の国家予算を投入して、“やると決めた”、そして実現した。

 

 

多分、やっている最中は、全く順風満帆ではなく、苦難・逆境・問題・課題が突き詰められたことは、

容易に想像できます。

 

 

でも、おそらくこれらの事業に参加された方々は、“不足”に目を向けるのではなく、

 

“充足”に目を目けて、その時出来ることを確実に実行していった結果だったと思います。

 

 

今回の登壇者である、ビリギャル著者 坪田 信貴先生が授業の中で、

 

“才能の開花にはメンタルが9割”

 

とおっしゃっていましたので、“決めてみた”ことで、これまでの経験・体験や一般常識、

 

業界での通例、固定観念に捕らわれることだと思います。

 

しかし、物事・出来事の多面性を理解し、今まで自分自身が不可能(影)であると

思っていた部分に可能性を見出し(光を当てて)、物事・出来事の全容を理解できたとき、

 

“決めたもの”は現実化するのだと考えます。

 

 

 

さて、西野さんと中田敦彦さんの“決めてみる”は、

 

西野さんは、“エンターテイメント業界でディズニーを叩く(超える)”決めてみる

 

中田敦彦さんは、“ジャニーズ事務所を超える”決めてみる

 

 

なんか、実現する気が・・・・しませんか!?