八王子ダルクフォーラム② 孤独という名のストレス

前号では、106日(土)に行われた、八王子ダルクフォーラムに参加させて頂いた概要を書かせて頂きました。

 

その際、基調講演として、

国立精神・神経研究センター 薬物依存症センター センター長 

松本俊彦先生から

 

とても興味深い研究結果を拝聴する機会が与えられましたので、

 

このことについてシェアさせて頂きます。

 

とても興味深い研究内容というのは、

 

“孤独と依存症”の関連について示唆している

 

研究紹介でした。

 

その研究は、カナダ;サイモンフレーザー大学 

ブルースKアレクサンダー教授のグループによって、

 

1980年に発表された“ネズミの楽園”の実験です。

 

 

 

この“ネズミの楽園”の実験の詳細は下記です。

背景・仮説:

 

薬物依存性は、1960年代にアメリカ;スタンフォード大学の

 

アブラム・ゴールドシュタイン教授グループは、ネズミを使った実験から薬物依存の原因を追及しました。

 

実験結果から薬物中毒は薬物自体の成分が原因だと結論づけたゴールドシュタイン博士は

 

「ヘロイン中毒のネズミは、(多くの薬物中毒者のように)社会に反発しているわけでも

 

社会経済情勢の犠牲者で

家庭崩壊の産物でも

犯罪者でもありません。

 

ネズミの行動は脳内の薬物成分にコントロールされているだけです」と語りました。

 

このゴールドシュタイン博士の見解は広く社会に知られ一般的な見解になりました。

 

この研究発表によって、“正の強化”の定義が出来上がりました。

 

つまり、一度でも薬物を使うと、脳内の情報伝達物質の回路(シナプス)が

 

過剰に形成されて、快楽物質ドーパミンが分泌される。

 

人間がある行動をとった時、もしくはある物質を摂取した時に強烈な快感が伴うと、

 

再び、その快感を得ようとして、自らの意思ではやめられない、

 

依存症状態になっていく、と考えられていました。

 

 

しかし、“ネズミの楽園”実験では、“負の強化”の可能性を示唆しています。

方法:

 

32匹のネズミを無作為に居住環境が全く違う2群に分けます。

 

A群(植民地ネズミ)は、1匹ずつ鉄の檻(研究用ケージ)に隔離されて、

 

B群(楽園ネズミ)では16匹全頭雄雌混合で、広々として住みやすく、餌は好きな時に好きなだけ与えて、

 

その敷地内にはウッドチップが敷き詰められて、温かくて、ところどころには、

 

ネズミがかくれんぼや適度に運動できる遊具を配置して、各々のネズミが自由に、

 

触れ合ったり、交配できる環境を整えました。観察期間は57日間。

 

 

そして、AB群両方に、普通の水とモルヒネ入り水を与えました。

 

モルヒネは強力な鎮痛・鎮静作用がありますが、強い依存性があり、

 

水に溶かしても苦くてとても飲めたものでないので、大量の砂糖を水に溶かして、

 

その液体にモルヒネを加えて、AB群両方に与えました。

結果:

 

A群(植民地ネズミ)は、孤独な鉄の檻(研究用ケージ)に隔離されて、

 

ずっとモルヒネ入り砂糖水を頻繁に、大量に摂取して酩酊していました。

 

それに対して、B群(楽園ネズミ)は他のネズミ達とじゃれ合ったり、

 

遊んだり、交尾をしたりして、モルヒネ入り砂糖水をほとんど飲まず、普通の水を飲んでいました。

 

A群(植民地ネズミ)に対して、実験期間の途中で、モルヒネ入り砂糖水を、

 

モルヒネをいれた苦いままの水に変更しても、普通の水は飲まずに、苦いモルヒネ水を摂取し続けました。

 

この結果から、薬物依存は“正の強化”から導かれるのではなく、

 

“負の強化”劣悪で、孤独な鉄の檻(研究用ケージ)に隔離されることで、

 

自分の自由を奪われる環境に身をおかざる負えない状況から少しでも回避したい、

 

自らを麻痺させたいという思いから成立するのではないか、という可能性を示唆しました。

 

 

 

 

そして、この実験にはまだ続きがあります。A群(植民地ネズミ)から1匹だけ、B

 

群(楽園ネズミ)の居住環境に移動させました。移動させた直後は、

 

このネズミは他のネズミ達とじゃれ合ったり、遊んだりすることはなかったそうです。

 

しかし、時間が経過するにつれて、じゃれ合ったり、遊んだり、交配したりする

 

変化が見られ、さらに、あれだけ消費していたモルヒネ水を一切飲まず、

 

通の水を飲むようになっていったということです。

結論:

 

薬物依存からの回復は、鉄の檻に閉じ込めて、“孤独”状態で行うことではなく、

 

孤独を感じさせない仲間・グループがあり、その中で“つながり”を感じることが出来れば、

 

治癒されていくものである。

まず、この実験が私達人間に訴えかけているものは、

 

    薬物依存は、“正の強化”ではなく、“負の強化”によって、発生している

 

    薬物依存状態になったとしても、仲間の“つながり”の中で、もう一度、自身を取り戻すことが出来る

 

であるが、この“負の強化”の原因である

 

“孤独であること”、“つながっていない”などの

 

感じる症状は、私のところに相談にいらっしゃる

 

方々と全く同じで、その方々は

 

“ひとりぼっちで寂しい”とか

集団の中にいるのが嫌”とか

“他人と親密になれない”とか

“他人を信用できない”などの

 

症状を表現されます。

 

 

薬物依存は、その症状をたまたま薬物を使って、回避、麻痺させていただけで、

 

その他の依存対象(タバコ・コーヒー・スイーツ・激辛料理・買い物・セックス・窃盗・痴漢・暴力など)を

 

変化させて、人間は依存性を持っていると考えます。

 

“ひとりぼっちで寂しい”とか

“集団の中にいるのが嫌”とか

“他人と親密になれない”とか

“他人を信用できない”などの

 

症状でお悩みの方、一度、私にご相談くださいね。