起業への思い

前職で勤めていた会社は、東証1部上場企業であり、

 

毎年、確実に業績を伸ばして、社員を大切にして、

 

とても意識の高い方々が集まる

 

本当に申し分なく“良い会社”でした。

 

辞める間際でしたら、私は年収約1,000万円でしたから、

 

独り身の私には金銭的に特に不満はなく、

 

日常的に起こる小さな問題・課題はありましたが、

 

 

社員みんな懸命に目の前の問題・課題に取り組んでいて、

私自身はそれほど大きな問題であるとは

思っていませんでした。

 

 

いわゆる順風満帆で、

 

社会的なステータス、金銭的欲求、

仕事のやりがい、仕事を通じての社会貢献など、

 

全てが満たされていたと感じていました。

 

そんな私が

“人生の残された時間を全て使って、

心理セラピスト/カウンセラーになりたい”

 

 

思った契機は、やはり前述しました通り、

低い自己肯定感・自己重要感

 

 

自信がない、何かが出来る自分は認めるが、

何かが出来ない自分は認められないなど)を

 

 

感じなくするために、ひたすら周囲の関わる人達に対して、

完璧に気を配りながら、隷属して、

ご機嫌を伺い、周囲の人達を喜ばせるために、

 

 

 

一生懸命になり、自分自身を全く大切にせず、

陥っていたワーカホリック(仕事中毒)が

 

遂にたたって38歳~43歳;約5年間、

原因不明の全身激痛症状で倒れた

 

経験が源流にあると思います。

身体的・心理的不調がずっと続いていた時に、ある看護師さんからのアドバイスで、

 

“その痛みって身体的なものじゃなくて、心理的/精神的なものじゃない!?”というのは、

 

 

私にとっては思いもよらない衝撃的なアドバイスでした。

 

そのアドバイスをきっかけにして、

私は、商用(仕事を有利に進めるため)/興味・関心で

 

 

心理学関連の本を読んだことはありましたが、

本気で実用的な臨床心理・心理療法を学び始めました。

 

 

 

最初に、“10日間受講後、心理セラピスト/カウンセラーとして独立可能”という

講座に通いました。

 

 

 

その講座の終了後、その場で出来た友人達の多くは、

文字通り“心理セラピスト/カウンセラー”として独立開業をしていきました。

 

 

 

 

当時、私はまだ会社員をやっており、“起業/独立なんて、

出来たらいいな。だけど、夢のまた夢・・・・!”って、思いつつ、横目に、

(起業していく友達に対して)“羨ましいなぁ!”とつぶやいていました。

 

 

その友人から、

“だったら、あんたも起業したらいいじゃないの!?”って

言われて、私は“確かにそうだ”と思って

 

 

起業しようと頭の中で、

“取らぬ狸の皮算用”をしていましたが、

 

 

“東証1部上場の有名な会社を辞める、

今、特に何一つ不便がないステータスを捨てる”と

 

 

思っただけで、得体のしれない凄い大きな恐怖

 

 

(うまくいくはずない・わからない事が多すぎて、

不安/恐怖心しかない・集客はできるのか・

 

自己破産したらどうしよう・行き倒れたらどうしよう)を感じて、

安全圏内(会社員を続けること)に踏みとどまっていました。

 

 

また、安全圏内に居続けるのではなく、

大海(会社をやめて、起業/独立すること)に

 

 

漕ぎ出さない自分自身を

正当化する言い訳をしていました。

 

この行程は、何度も何度も、頭の中で繰り返されました。

 

 

 

 

口先では“困っている人がいれば、

助けてあげたい”という信条を大切にして、

 

 

対人援助:心理セラピストとして活動したいと思っている反面、

いざ起業しようと思うと恐怖心/抵抗を持ってしまう

 

 

偽善者としての自分自身に本当に戸惑っていました。

 

 

 

この時の私は、

自分が“周囲の人達に役立っていること”が

 

 

とても大切で、なぜなら、自分を取り巻く

人達の評価と自分の存在を

同一化していたからです。

 

 

“周囲の人達が褒めてくれれば、

周囲の人達が高評価をくれれば、

 

周囲の人達に役に立っていれば、

私の存在は価値がある”と思えました。

 

 

その逆も然りで、

 

“周囲の人達から非難されたり、

周囲の人達に受け入れられなかったり、

 

周囲の人達の重荷になっていると思うと、

私の存在は価値がないと思い、

 

 

(その状態が怖いので)本意ではないけど、

自分の意見を変えてみたり、本意ではないけど、

 

受け入れられるように自分を”変形“させて、

隷属してみたり、自分の主義主張をなくしたり、

 

無意識的にしていました。

 

 

 

周囲の人達に役に立つ自分自身にのみ存在価値がある、

思っていましたので、

 

 

当時、私の周囲には“かわいそうな人達、

助けないといけない人達”が沢山いました。

 

 

私が自分の存在価値を常に認識していたいために、

無意識的に集めていたのだと思います。

 

 

私はそれぞれに関わって、最大限に尽力していたと思います。

なぜなら、そのような人達を助けることが出来た時は、

 

 

“自己否定が強く、自己重要感・肯定感が低い

自分自身を認めることが出来るからです。

 

 

しかし、この思い(人から認められるという欲求)は際限なく、ますます強くなっていきました。

 

 

その後、2年間が過ぎ去り、

さらに様々な心理療法を学ぶことを通じて、

 

 

“自己否定が強く、自己重要感・肯定感が

低い自分自身”に向き合ってきました。

 

そして、ある出来事を体験し、その時、大きな一歩を

踏み出す気付きを得ることが出来ました。

 

あるセミナーに参加した時の事です。

 

 

担当講師はひどい風邪を引いていて、

体調はこれほどまでに悪くなることがあるのか、

というぐらい最悪な状態でした。

 

 

午前部の講義が終了した瞬間に、

セミナールームの床に倒れこみ、

 

午後開始時間まで体力回復に

努めていたようです。

 

 

 

 

この時、セミナー受講生各人が担当講師に関わる関わり方(助け方)

全然違うことが私にとって興味深い出来事でした。

 

 

    “午後からの講義は、私が代わりに講師を務めます”と進言される受講生

 

    “この部屋にいますから、必要があれば、呼んでください”と担当講師に声掛けする受講生

 

    セミナールームで友達とお話ししていますが、すごく小さい声だった受講生

 

    昼休憩時間ギリギリまでセミナールームに入室しなかった受講生

 

 

 

これらの受講生達の担当講師を“助ける”全く違った行動を観察する機会に恵まれました。

 

    他人を助ける際、様々なレベルがあり、直接的に介在して

他人を助けるレベルからその他人の自然治癒力を

信じて黙って見守る、一切手出ししないレベルがあるということ

 

 

 

    “自己否定が強く、自己重要感・肯定感が低い”という

思い込みを持っている人は、直接的な介入をして、

他人を助け続けようとすること

 

 

 

    助ける側が助けられる側の必要とされるレベル以上に

介入をすることによって、助ける側自身の

自己重要感・肯定感がますます低くなっていること

 

 

を理解できたのです。

 

 

 

私はその後、これらの気付きを得たことで、

 

他人に介入する際、この方にとって適切なレベルはどこだろうか

 

という問いを持って臨むようになったので、

 

“かわいそうな人達、助けないといけない人達”は、

 

減っていったし、いたとしても、

 

 

私の関わり方も確実に変化していったと思います。

 

 

以前の私でしたら、“他人に承認される、評価される、受け入れられる”を

行動規範にしてきましたので、いい人を、役に立つ人を、

 

 

優しい人を、頼りになる人を、その場その場で無意識的に、適切に演じてきました。

 

 

自分の欲求(エゴ);承認欲求、生存欲求を乗り越えてきた

 

今、“困っている人がいれば、その方にあった適切な

 

状態まで助けてあげたい”という思いは持っています。

 

そして、自分の内面に意識を向けて、この自問をしていました。

 

“一体、あなたは残りの人生を使って、何をしたいの!?”って

 

ことある毎に、何度も何度も自分自身に問い続けました。

 

 

そしたら、もたらされた直観がありました。

 

 

それは“人間がある集合体

(家族・学校・クラブ・サークル・会社・地域・都道府県・国など)を

 

構成した際、必ず悩み・苦悩をもっている人達がいらっしゃいます。

その他人を適切なレベルで助けることが私の役割なんじゃないか・・・

 

 

自分の使命(”私の役割“)という言葉が見つかってから、

自分の内面に、力強い芯/軸のようなものを感じられます。

 

この自分の使命(”私の役割“)を果たす行動の

動機付けは、

 

 

周囲の人達からの賞賛、評価、承認、

逆に、非難、罵倒、誹謗中傷に全く関係なく、

 

 

つまり自分の”外面“には全く影響されず、

”内面“から湧き上がってくるようなもの、

 

 

人間にとって必要で、大切であるという理由で、

自ら意識的に、自分の意思を発動してやっている感じです。

 

 

その自分の使命(”私の役割“)を果たすために、

過去、全くうまくいかず、うつ状態になった

 

 

受験生時代(詳細は公然と行われる学歴差別①

公然と行われる学歴差別②公然と行われる学歴差別③)や

 

 

上述した満たされない空虚感、低い自己重要感、

それに伴った原因不明の全身激痛は、

 

 

全て必要な体験だったんだと思えた時、涙が止めどなく溢れ出てきました。

 

今では、私はこの使命:ミッションはもう少し言語化されていて、

 

心理セラピー/カウンセリングを通じて

 


“流されて生きてしまった結果として、生き辛い・苦しいを感じている人達を

勇気づけ、元気づけること”です。

 

そして、私と出会って下さったクライアント様をはじめとして、

 

 

今、苦難・苦悩を持っていて、

 

生き辛くて仕方ない、

 

自分の人生を生きる意味を見失ったり、

 

嫌になったり、自分の人生なのに、

 

主人公を他人に明け渡していたり、

 

“なんか、うまくいかない”

 

“なんか、足りていない”

 

“自分は幸せじゃない!?”と

 

思い込みを持っている方々が、

私がそうであった様に、

 

 

心理セラピー/カウンセリングを通じて、

自分自身に優しく、自分の事が大好きで、

 

自分自身の誇りと尊厳を持って、明るく、

笑顔で、自分らしくいられるお手伝いを

 

自分の使命(”私の役割“)として、

私自身の人生を生きたいと思って、その衝動を押さえることは出来ず、

 

東証一部上場の会社員を2017331日付けで退職し、

十分な充電・休息期間を経て、

心理療法家:心理セラピスト/カウンセラーとして独立開業することになりました。